遠距離・転勤で別れた元彼と復縁できる可能性は?遠距離恋愛でのベストな復縁方法

復縁

彼の転勤などが理由で遠距離恋愛になると、二人の間がだんだん疎遠になってしまうことも。

  • 遠くに住んでいる彼が浮気をしていないか気になって干渉しすぎて振られた
  • 会いたいときに会えないストレスで喧嘩が増えて別れた
  • 遠距離で彼の気持ちまで離れてしまった

遠くに住む元彼とは会うこと自体が難しいので、どうすれば復縁のきっかけを作れるのか分からず途方に暮れてしまうかもしれません。

いくらあなたが復縁したいと願っても、元彼の気持ちを取り戻すことが難しく感じて不安は募るばかり…

この記事では、遠距離で復縁まで進めるためのステップや、自然なきっかけの作り方など、成功確率の高い復縁方法を説明していきます。

 復縁がうまく進展しない方へ 
2022年5月復縁可能性無料で鑑定できます

復縁専門占い師白兎(ハクト)先生
LINEで簡単無料鑑定

遠距離恋愛に特有の別れる原因は?

遠距離恋愛にはふつうの恋愛以上に色々な障害があります。会える時間や回数が少ない分、お互いの本当の気持ちをつかめなくなってしまい、そこからさまざまな原因に発展して別れるという選択になってしまうのです。

会おうと思えば毎日のように会える「近くの恋愛」と比べると、なかなか会えないことによって不満が生まれやすくなったり、浮気に走りやすくなったり、相手を信用できなくなったりという心のすれ違いが起こりやすいんです。

小さなすれ違いが積み重なると、大きな不満や不信感につながってしまいます。

近くにいるケースと比べて、遠距離恋愛では些細な心の動きが見えにくいため、小さなすれ違いが解消されないまま積み重なっていきがち。一度心がすれ違ってしまうと、どんどん加速して離れてしまうんですね。

  • 会えないことへの不満が積み重なってしまう
  • 寂しさから浮気をしてしまう
  • 相手に対する不信感が大きくなってしまう
  • お互いの気持ちが離れて自然消滅してしまう

小さなすれ違いがきっかけとなって、気づいたときには上に挙げたような原因で「別れる」という決断になることが多いんです。

転勤が理由で別れると言われた場合

彼の転勤が決まったとき、転勤を理由に別れを切り出されるというケースもあると思います。

建前としては「遠距離になるから」「今みたいに頻繁に会えなくなるから」という理由付けをされるかもしれませんが、本音の部分では転勤をきっかけにしてあなたと区切りをつけたいと思っている可能性があります。

この場合は、距離だけが問題なのではなく、あなたとの関係自体に不満を持っているということ。転勤は別れる言い訳に過ぎないのです。

遠距離恋愛や転勤での別れから復縁するためのステップ

遠距離恋愛で別れたあとは、近くにいるケース以上に復縁のきっかけ作りのハードルが高くなるように感じるのではないでしょうか。

離れたところに住んでいるので、街でばったり再会なんていう偶然にも期待できそうにありません。

ただ、どんな状況であっても復縁には必要なステップがあります。

  1. まずは冷却期間をもうける
  2. 元彼に会わない冷却期間の間に自分を見つめ直す
  3. 元彼と再びつながるためのきっかけを作る
  4. 元彼に復縁したい告白する

これらは復縁するために必要な共通のステップなのですが、これに加えて「遠距離」だからこそ気をつけなければいけないポイントも合わせて説明していきます。

まずは冷却期間をもうける

どんな別れ方をしたとしても、まずは「一切連絡しない・会わない」冷却期間を作ってください。

これは、転勤を理由に別れた場合でも同じです。

別れてすぐアプローチをして復縁できる可能性はとても低いです。元彼からすると、別れたのにしつこく迫られているように感じるので、あなたへの印象もどんどん悪くなってしまいます。

復縁するためと割り切って、いったんあなたからの連絡はすべて断ちましょう。

冷却期間をもうけることで、あなたも元彼も気持ちをリセットすることができます。また、あなたが復縁したいなら、今のあなたから「変わる」必要があります

冷却期間はあなたが「変わる」ために必要な時間。自分だけに向き合いながら、復縁に向けた準備をスタートさせるのです。

遠距離恋愛で別れたあとの冷却期間はどれくらい必要?

冷却期間の長さに正解はありません。

別れた寂しさや元彼への執着から、早く冷却期間を終わらせて連絡したい!と焦ってしまいがちですが、十分な冷却期間をとらないまま元彼に接触しようとしてもうまくいかないので注意してください。

特に、遠距離恋愛から別れた場合には、どんな原因・状況で別れたかによっても、冷却期間が短めでいいのか、長めにとるべきかが変わってきます。

  • 頻繁に会えなくなったせいで元彼が浮気をして別れた場合
  • 会えないことにあなたの不満が大きくなって別れた場合

この2つのケースでは、冷却期間は短めでも戻れる可能性は高いです。

1~2か月の間、元彼と連絡を一切しないで自分磨きなどに集中してください。自分磨きであなたが見た目や中身を少しでも変えることに成功すれば、復縁確率も高くなります。

  • あなたが元彼を信用できずに干渉しすぎて別れた場合
  • お互いにだんだん心が離れてしまって自然消滅した場合
  • 転勤を理由に別れたいと言われた場合

これらの場合は、冷却期間は長めにとった方がいいでしょう。元彼があなたに対して持っているネガティブな印象が強いと考えられるからです。

元彼の中であなたに対するネガティブイメージが薄れるまでには長い時間が必要ですし、あなた自身もそのネガティブイメージを元彼の中から完全に消せるくらいに大きく変わる必要があるからです。

最低でも半年、できれば1年くらいの冷却期間を設けて、徹底的に自分と向き合って「復縁したいから絶対に変わる!」という意思で頑張って見てください。

元彼に会わない冷却期間の間に自分に向き合って「変わる」

冷却期間は、あなたにとって復縁に向けた第一歩となる大事な期間です。一人になって自分を見つめ直して、本来のあなたが持っている魅力を最大限に引き出してあげましょう。

  • 別れた原因を改善
  • 自分磨き
  • 自分を一番大切に扱う

別れる原因というのは二人のうちどちらか一人にあるわけではありません。あなたにも彼の方にもそれぞれ原因を作る何かがあるのです。

まずは自分の側の原因はなんだったのか冷静に考えてみてください。原因となる問題が残ったままだと、元彼があなたと復縁しよう思うことはあり得ません。その事実を受け止めて、この期間にしっかり原因を改善しておきましょう

そして、徹底して自分を磨いていくこと。見た目も内面も含めてあなたがどれだけ変われるかが、復縁可能性を大きく左右するのです。

そして、遠距離恋愛からの別れで疲れてしまった自分自身の心を一番にいたわってあげることも大事です。自分のためだけに、自分が喜ぶことをどんどんやりましょう。

元彼と再びつながるためのきっかけを作る

十分な冷却期間をあけて自分磨きをした結果、「わたしは変わった」と自信をもって言えるようになったなら、元彼と再びつながるきっかけ作りに進みましょう。

ただ、遠距離で一番難しく感じるのがこの「きっかけ」なんですよね。

復縁で大きな障壁となるのが、元彼の心にある警戒心です。あなたに対するネガティブな印象が薄れていたとしても、久しぶりの連絡であなたがグイグイと押しすぎてしまうと、元彼に警戒されて引かれてしまいます。

実は、この心理を逆に利用するのが、遠距離でのきっかけ作りのポイントです。

遠くにいて簡単には会えないということは、元彼もそこまであなたの動きを警戒しなくて済むということ。距離がある分、安全圏からあなたとやり取りできるのです。この気軽さや元彼の心の余裕は重要なポイント。

それを踏まえて、あなたから元彼に連絡を入れてみてください。

まずはLINEで気軽な感じで挨拶などを送ってみるのがいいでしょう。特に、誕生日や年末年始などイベントタイミングは逃さないようにしたいところ。このタイミングなら、元彼もあなたからのLINEを自然と受け取れますし、返信もしやすいからです。

きっかけ作りは難しいと思いがちですが、あえてシンプルに、考えすぎず、

誕生日、年末年始といったイベントで簡単なLINEを送る

これだけに的を絞ってみてください。

文面も難しく考えずに、ありきたりな挨拶でOK。あくまでも復縁に向けてのきっかけということを忘れずに、元彼にプレッシャーを与えないような内容で軽くアプローチをかけてみましょう。

復縁の告白に向けて再会のチャンスを作る

LINEでの軽いアプローチできっかけを作りを突破したら、少しずつLINEだけで距離を縮めていってみてください

最初の1か月~数か月は、元彼との距離を測りながら再会のチャンスを探る期間と思って、なるべくゆっくりしたペースでやり取りを続けるのがおすすめ。あなたの方から毎日LINEをしたり、返事がないからといって催促しないようにしてください。

やり取りの中で元彼の警戒心を上げないことが大事です。

そして、少し距離が縮まってきたかな、別れたときのわだかまりがなくなってきたかなと感じたら、再会のチャンスを探っていきます。

とは言っても、近くに住んでいる関係とは違って「久しぶりに少しお茶して話さない?」のように軽いノリで会おうという提案がしにくいのが遠距離のデメリット。

再会のタイミングは、慎重に時期を見計らって計画してください。

一番自然で元彼が「また会ってもいいかな」と思えるのは、次のようなタイミングです。

  • 元彼が帰省や友達に会う用事で戻ってくるタイミング
  • あなたが元彼の住む街に別の用事で行くタイミング

元彼とのやり取りの中で、あなたの住む街に何かの用事で元彼が数日でも戻ってくることが分かれば、「時間があれば、久しぶりに会ってみようか!?笑」と軽く提案しやすいですよね。冗談交じりで言っても意外と受け入れてもらえやすいシチュエーションだと言えます。

また、あなたが元彼の住む街に行くことも選択肢として考えてみてください。

この場合、注意したいのが「わざわざ俺に会いに来るの…?」と思われてしまうと、元彼の警戒心が強くなってしまうということ。

元彼に会いに行くのではなく、あくまでも「別の用事で行く」ということを伝えておくのが大事です。

友達の結婚式や、あなたが大好きなアーティストのライブ、出張などを理由にすれば、元彼も気負わずにあなたに会いやすくなります。

「結婚式で行くんだけど、○日の午後だけ時間が空いちゃってるんだよね。時間あれば少しお茶しない?」というように、限られた短時間だけ会ってみることを提案してみるのがいいでしょう。

復縁の告白は丁寧に!

再会を果たしたからと言って、いきなり復縁の告白をするのはやめておきましょう。最初の再会は、お互いに離れていた間の変化を確認する時間と考えてください。

再会のときは、あなたが冷却期間の間にどれだけ変わったかを元彼にアピールできるチャンスでもあります。あなた自身の元彼に対する気持ちも自分の中で再確認してみるといいでしょう。

遠距離の場合はそんなに頻繁に会えるわけではないので、丁寧に心の距離を近づけながら告白のタイミングを計るようにしてください。

  • あなたの飾らない素直な気持ちを伝えること
  • 元彼の気持ちを尊重していると態度で示すこと

告白するときは、駆け引きをしないで素直になること、あなたの気持ちを押し付けるのではなく元彼を尊重する態度を示すことに集中してみてください。

遠距離恋愛で別れた元彼と復縁したいときに注意するポイント

遠距離恋愛で別れた元彼と復縁したいなら、必ず注意しておきたいポイントが3つあります。

遠距離恋愛の復縁はタイミングに注意

遠距離恋愛で別れた場合、近くにいるケースと比べて元彼の状況や気持ちの変化をつかみづらいことに注意してください。アプローチや告白もタイミングを間違うとあまりいい結果にならない可能性があります。

たとえば、元彼が忙しいときに空気を読まずにぐいぐい連絡をしてしまうと「しつこいな…」と引かれてしまいます。

ゆっくりと少しずつ距離を縮めていって、状況を何気なく探っていくようにしてください。

遠くにいる分、タイミングを間違わないように細やかな気遣いを心がけることが重要になってきます。

遠距離恋愛の復縁では「依存しない」ことを態度で示すのが大事

遠距離での恋愛関係では、相手になかなか会えないことから必要以上に依存したり干渉したくなってしまいがちです。

別れたときは、多かれ少なかれこうした「依存」「干渉」が原因ということが多いはず。

なので、元彼があなたとの復縁を考えるときに一番気になってしまうのが「また依存してくるんじゃないか」「また干渉されるんじゃないか」ということです。

遠距離でなかなか会えないという環境が変わらない以上、あなた自身が大きく変わったという姿を見せないと元彼は復縁に踏み出すことはできないでしょう。

言葉だけで「もう絶対に依存しない、干渉しない」と伝えるのではなく、あなたの態度で示すようにしてください。態度や行動が変わったと分かれば、別れる前のあなたとはもう違うんだということを元彼に受け止めてもらいやすくなります。

遠距離からの復縁にはあなたの変化が成功のカギ!

遠距離恋愛で別れてから復縁するためには、冷却期間中にあなたがどれだけ変われるかが復縁成功のカギとなります。

そして、距離が離れていても相手に依存せず、相手の気持ちを尊重できるようになること。これを示すことができれば、元彼もあなたの気持ちを受け止めてくれるでしょう。

「復縁がうまく進展しない...」と悩んでいませんか?

元彼と復縁できる可能性や、あなたに合った復縁方法を知りたいなら
復縁専門占い師♡白兎(ハクト)先生
無料鑑定を受けてみてください。
2022年5月の復縁可能性は?

★LINE友だち追加ページが開きます★

コメント

タイトルとURLをコピーしました