復縁の話し合いは「場所選び」と「話す内容」が大事!成功させるポイントは?

復縁

別れた元彼と復縁するために会って話すとき、どこで話し合いをするのか何を話すのかはとても重要です。

できれば話し合いの場所はあなたが主導して決めてください。もちろん元彼の意見も尊重すべきですが、その場合はあなたが先にいくつかの候補を提案してその中から選んでもらうというのがいいでしょう。

また、話す内容も前もってある程度決めておかないと、大事なことが伝わらず失敗に終わってしまうリスクがあります。元彼にあなたの想いをきちんと伝えるために、話す内容をしっかり考えておかないといけません。

復縁を成功させたいなら、最終段階とも言える「話し合い」は丁寧にセッティングすべき。そのために、どこで何を話すのか具体的に説明していきます。

 復縁がうまく進展しない方へ 
2022年10月復縁可能性無料で鑑定できます

復縁専門占い師白兎(ハクト)先生
LINEで簡単無料鑑定

復縁の話し合い場所はどこがベスト?

復縁の話し合い場所を選ぶときには、次の3つのどれかに当てはまるところを考えてみてください。

  • 開放的な空間
  • あなたも元彼もリラックスできる場所
  • 元彼の気持ちに訴えかけられる場所

特に元彼の気持ちがグラグラと揺れ動いているときは、話し合いをする場所の雰囲気次第で「Yes」「No」の返事が変わる可能性もあります。

その場の空気や雰囲気はそれくらい大事。復縁の決断にまで影響をするんです。

3つのポイントに当てはまるような場所を具体的に考えてみましょう。

ファミレスやカフェ

ファミレスやカフェのような、他のお客さんがいて周りになんとなく溶け込めるような場所は、復縁の話し合いに向いています。

誰もいないシーンと静まり返った場所では会話が重くなってしまいがち。騒がしすぎる場所はダメですが、少しざわざわしているくらいの空間の方が快適に会話をしやすいのです。

また、周りに他のお客さんや店員さんがいれば、元彼も変な警戒心を抱かずにあなたと話をしやすくなります。お互いに変なことは言えないし変な行動も取れないので、相手に対して感情的にならず冷静に話し合いができます。

公園

復縁の話し合いは公園などの屋外で行うのもいいでしょう。

特に少し大きめの開放感ある公園なら、お互いに心を開きやすくなって素直な気持ちを伝えることができます。

気持ちに閉塞感がなくなるというのもメリット。開放的な空間では、よりリラックスして落ち着いた気持ちで話し合いができます。

二人の思い出の場所

二人で何度も行ったような思い出の場所があれば、そこも復縁の話し合いに向いていると言えます。

ただ、あざとくならないような注意も必要。初めてデートした場所や告白された場所などは一見ロマンチックでよさそうですが、わざとらしい演出に思われてしまう可能性も。

二人にとって思い出がある場所でありながら、思い出の印象が強くないところを選ぶのがポイントです。

付き合っていたときにいつも待ち合わせをしていたカフェや、二人でよく散歩をした公園など、思い出はあるけれど思い入れはそんなに強くない場所がいいでしょう。特別感がある場所よりも、付き合っていたころの日常の空気を感じられるところがベストです。

よく知っている場所でならお互いリラックスして話すことができますし、あえて話題に出さなくても懐かしい気持ちがよみがえってきます。

懐かしい気持ちとともに付き合っていた当時の思い出が頭によみがえってくれば、元彼の気持ちが揺れ動いて、復縁したいというあなたの気持ちを受け止めやすくなるのです。

復縁の話し合いに選んではいけないNGの場所

復縁の話し合いには向いていないNGの場所についても説明していきます。

あなた or 元彼の自宅

「静かな場所がいい」「他の人に話を聞かれたくない」と思うと選んでしまいがちなのが、あなたか元彼の自宅で二人きりで話すこと。これは絶対NGなのでやめましょう。

完全な密室で二人きりで話し合いをすると、もし話がうまく進まなかったときに感情的になってしまいやすいからです。

また、冷静に復縁について話すはずが、お互いに雰囲気に流されて体の関係をもってしまうことも

自宅というプライベートな空間では、気持ちだけは簡単に高ぶってしまいがちです。はっきりと関係修復ができないままに体だけの関係をダラダラ続けてしまうきっかけになりかねません。

話し合いは話し合いとしてちゃんと一線を引くべき。そのためにも、自宅での話し合いは絶対にやめてください。

思い出が強すぎる場所

二人共通の思い出がある場所は復縁の話し合いには向いているのですが、その「思い出」が強すぎる場所で話すのはやめておいた方が無難です。

たとえば「付き合うときに告白された場所」「初めてデートした場所」など。

思い出の場所には違いないのですが、その場所に込められた意味が強すぎる場合は話し合い向きではありません。元彼が気まずく感じて居心地が悪くなったり、あざとい演出のように感じられてしまうからです。

「この場所で告白したら、元彼の気持ちを揺さぶれるはず」という意図が見え見えになってしまうと、元彼の気持ちは引いてしまうので注意してください。

復縁の話し合いでは何を話せばいい?具体的な内容と話の流れ

元彼と復縁の話し合いをする前に、どんな内容を話すのか、どんな流れで話すのかをある程度組み立てておいてください

行き当たりばったりで話し合いをしようとすると、焦ってしまってあなたの真剣な気持ちが伝わらなかったり、元彼が警戒心を強めてしまって素直な気持ちを受け止めてもらえないという可能性もあります。

どんな流れで、どんなことを話せばいいのか、具体的に見ていきましょう。

まずは近況などから始める

元彼と会っていきなり本題に入るのはやめましょう。会話にもウォーミングアップが必要です。まずは、お互いに近況を伝え合うなどして、軽めの話でスタートしてみてください。

お互いに緊張感がある中で会うので、仕事や友達のことなど当たり障りがないことを話して、まずは会話の緊張を解くようにします。

別れたときのことや原因についての謝罪

会話がだんだんなめらかになって二人で話すことに慣れてきたら、少しずつ本題へと切り込んでいきます。

まずは、別れたときのことについてあなたから改めて謝罪をするようにしましょう。

たとえ別れる原因が元彼にあったとしても、「あのときは私も感情的になってしまってごめんなさい」のように、まずはあなたが謝る姿勢を見せるのがポイント。

実は「謝ること」自体が目的ではありません。あなたが過去の自分にちゃんと向き合って考えたということが元彼に伝わるのが大事なんです。

また、元彼の心を開いて「聞く耳」を持ってもらうようにするためにも先に謝ってしまいましょう。相手から謝罪をされたらひとまず受け入れようという気持ちが働くので、あなたが先に謝ることで、その後に続くあなたの話も受け入れやすくなるという心理的な効果もあります。

別れてからあなたがどのように変わったか知ってもらう

元彼と別れたあとに、あなたがどんなことを考えて、それによってあなたの考えや行動がどのように変わったかを率直に話してみてください。

「自分が悪かった点に気づいた」「あなたの大切さを身に染みて感じた」など、相手の気持ちを思いやりながら自分の率直な想いを伝えるのです。

あなた自身がどれだけ変われたかが、元彼の心を動かすポイントになります。

復縁したいという気持ちを伝える

復縁の話し合いの中では、当然あなたの「復縁したい」という気持ちを元彼に伝えなければいけません。

このとき、もったいぶらずにあなたの率直な気持ちを伝えることを心がけてください。まわりくどく伝えるのではなく、「今でもあなたのことが好き」とストレートにはっきりと言った方がいいでしょう。

復縁の話し合いで一番核心の部分なので、ごまかさずに伝えるのがポイントです。

復縁したいという気持ちを伝えたら、次のこともしっかり話して伝えましょう。

  • 復縁をしたい理由
  • 別れたあとであなたが自分のどんな部分を見つめ直して改善したのか
  • 復縁できたらどうしたいか

一度別れたあなたと復縁したいと思わせるには、以前のあなたとは違うということを分かってもらわないといけません

自分が何をしてどう変わったのかはきちんと伝えるべき。

また、復縁をしたい理由や、復縁したらどうしたいかという具体的なイメージも元彼に持ってもらうことも大事です。理解してもらうために元彼としっかり向き合って話し合ってください。

元彼の正直な気持ちを聞く

あなたの復縁したいという気持ちを伝えたら、元彼の正直な気持ちを聞きましょう。

復縁の話し合いをするという時点で、元彼もあなたから告白されることは分かっているはずです。そして、あなたを傷つけないようにとはっきり返事を言わないこともあるかもしれません。それでも「あなたに断られても責める気はないから、正直な気持ちを教えて」と促してみましょう。

元彼があなたの気持ちを受け止めて「自分も復縁したい」と言ってくれたら、話し合いは大成功!

反対に「今はまったく復縁する気がない」と言われることも想定しておいてください。

そこで取り乱したり、焦って食い下がらずに、断りの返事だった場合でもいったん引くようにしましょう。復縁にはタイミングもあるので、今は断られたとしても後になってうまくいくこともあり得るのです。一度断られたら、その場は潔く引き下がることが大事です。

そして、一番悩ましいのがイエスでもノーでもない煮え切れない返事。あなたとの復縁に迷っている場合、悩んでいる場合、元彼自身どうしたらいいか分からない場合には、はっきりとした返事がもらえない可能性もあります。

元彼が迷っているときに「どうなの?」「今すぐ答えて!」とプッシュしすぎるのはよくありませんが、あっさり引きすぎるのも可能性を潰してしまいます。

もし元彼が返事に迷っている場合は、復縁したあとの未来にポジティブな印象づけをしてみてください。

元彼があなたと復縁すべきか迷っていることの裏には、また同じことを繰り返してしまうんじゃないかという不安があるんです。元彼があなたに対して「ほんとに変わったんだな」「以前の彼女じゃないんだな」と思えるようになったら、元彼もあなたとの復縁を前向きに考えられるはずです。

落ち着いて話すことが大事

復縁したいと告白したあとでは、元彼の反応が気になりますし、反応によっては心が乱れることもあるかもしれません。

特に、断わられたり歯切れの悪い返事だったりすると、抑えていた感情が爆発してしまうことも。取り乱してよけいなことを言ってしまい、さらに状況を悪化させてしまうこともあります。

復縁の話し合いではとにかく落ち着いて話すことが大事です。

気持ちを落ち着けて話せるように、会って話す前に元彼の返事を想定しながらいろんなパターンを頭の中でシミュレーションしておくのがいいでしょう。

復縁の話し合いで注意すること

復縁の話し合いをするときに絶対にやってはいけない注意ポイントについても説明していきます。

感情的にならない

復縁の話し合いの場では、とにかく感情的にならないことを意識してください。

復縁を断られて泣いてしまったり、別れたときのことを持ちだして相手を非難したりしないこと。そのときの感情に流されてしまうと、元彼の気持ちは一気に離れていってしまいます。

落ち着いて話しながら、元彼の気持ちを尊重することも忘れないでください。

駆け引きをしない

復縁の話をするときには、ストレートに真っ向勝負で行くようにしましょう。

話し合いの中で駆け引きをする必要はまったくありません。あなたの率直な気持ち、あなたが変えようと努力したこと、実際に変わったこと、これからどうしたいかなどをそのまま正直に伝えることが何よりも大事なんです。

  • 他の男性からアプローチされているような匂わせをして元彼の気を引くのはNG
  • 悲劇の主人公になって元彼の同情を誘うのはNG

あざとい駆け引きをすればするほど、元彼はあなたに幻滅していきます。リスクしかないので、本当に復縁したいと思うなら絶対にやめましょう。

反論や否定をしない

元彼の話や返答について、反論や否定をしないと言うのも重要ポイントです。

自分の気持ちをすぐに否定してくる相手と一緒にいたいとは思いません。たとえ意見が合わない場合でも、反射的に反論したり否定するのではなく、まずはしっかり受け止めること

意見や考え方の違いを認め合える相手だと思うからこそ、元彼も心を開いてくれるのです。

「復縁がうまく進展しない...」と悩んでいませんか?

元彼と復縁できる可能性や、あなたに合った復縁方法を知りたいなら
復縁専門占い師♡白兎(ハクト)先生
無料鑑定を受けてみてください。
2022年10月の復縁可能性は?

★LINE友だち追加ページが開きます★

コメント

タイトルとURLをコピーしました