復縁ってどうすればいいの?具体的な復縁方法と成功率アップのポイント

別れた元彼のことをどうしても忘れられず、もう一度やり直したい…!

復縁したいという気持ちが強くても、実際にどうやってアプローチしたらいいのか、どうすれば彼の気持ちが戻るのかが分からないという人の方が多いのではないかと思います。

確かに、復縁は新しい恋をスタートさせるよりずっと難しい課題を抱えているため、どうしてもハードルがあがってしまいがち。

そんな復縁の可能性や成功率をアップさせる具体的な方法をご紹介していきます。

復縁が難しいと言われる理由

一般的には、新しく誰かと付き合うよりも復縁の方が難しいと言われています。

その理由は、復縁する前には必ず「別れた」というネガティブな要素が二人の間にあるため。

どんな理由で別れたにしても、一度「別れ」を選んで関係性が終わっているという事実があるため、そこを超えなければいけないからです。

復縁を成功させるために一番大事なことは?

「どうしても復縁したい!」という気持ちが強くなっているときというのは、周りのことも自分のこともよく見えなくなっている場合があります。

気持ちを抑えるのは大変かもしれませんが、それでもまず一度は冷静に考える時間を作って、次のことを考えてみるようにしましょう。

・二人が別れた原因は何か

・彼はあなたのことをどう思っているのか

・あなたはどうして復縁したいのか

まずはこの3つのことをじっくり考えてください。

二人が別れた原因は何か

別れる原因は人それぞれ違います。

ただ、大きく分けると、

・元彼からあなたに別れを告げたパターン

→元彼に別に好きな人ができた、あなたが彼を裏切る行動をした、元彼があなたの態度や性格に愛想が尽きた、など

・あなたから元彼に別れを告げたパターン

→あなたに別に好きな人ができた、元彼があなたを裏切る行為をした、あなたが元彼に愛想が尽きた

・お互いの気持ちが離れたパターン

→あなたも元彼も少しずつ心が離れて恋人として見れなくなった

・お互いに気持ちはあるけれど、周りの状況で別れないといけなくなったパターン

→就職、転勤、遠距離、家族の事情などで、お互いに好きだけど別れを選んだ

これ以外にも別れにはさまざまな事情や感情、状況が複雑に絡み合っていることが多いと思いますが、いずれにしても別れるという決断をした背景には何かしらの原因があるはずです。

別れた原因がはっきりしていないと、復縁のアプローチが的外れになってしまうかもしれません。それだけでなく、もし復縁が成功してまた付き合うことになったとしても同じ過ちをおかして再び別れることになる可能性もあるからです。

元彼はあなたのことをどう思っているのか

次に大事なのが、元彼はあなたのことをどう思っているのかを客観的に考えてみること。

復縁したいという思いだけが強いと、変な思い込みが入ってしまう可能性があるので、できるだけ冷静になって自分にとって都合が悪いことでも一度受け入れる覚悟を持ちましょう。

元彼はあなたにまだ気持ちが残っているのか、それとも冷静に考えたらもう自分には興味がないのか、それとも嫌われているのか。

無理矢理「きっとまだ私のことを好きに違いない!」と思ったところで結果が変わるわけではないので、たとえ自分にとってはイヤな結果であっても客観的に考えてどうなのかを考えてみてください。もちろん、反対に過剰にネガティブになる必要もないので、無理矢理「彼は私のことなんてもう嫌いなはず」と思い込む必要もありません。

あくまでも、別れる前後の状況や耳に入る彼の近況などから、彼があなたをどう思っているのか事実だけを知るというのが大事です。

あなたはどうして復縁したいのか

別れた原因と、元彼があなたをどう思っているのかを考えたあとで、一番重要な「あなた自身がどうして復縁したいのか」を考えてみてください。

実は、別れた原因や彼の気持ち以上に大事なのがあなたの気持ちです。

ただ、「復縁したい!」という気持ちの赴くままに突っ走ってしまうと、あなたが本当はどうしたいのかが見えにくくなるため、別れた原因や彼の気持ちを冷静に知って自分の中で消化することが必要なのです。

あなたが復縁したい理由はなんでしょうか?

別れた原因や彼のあなたに対する気持ちはそれぞれ違うと思いますが、それでもあなたが「やっぱり彼が好きで、彼しかいない」と思うのであれば、復縁に向けた行動をとっていくゴーサインが出ていると言えます。

逆に、「元彼が別の人と幸せになるのが許せないから」「一人はさみしいから」などという理由が浮かんで来たら、復縁できる可能性は低いですし、復縁できたとしてもまた同じことを繰り返すことになるので、すっぱり諦めて新しい恋を見つけた方がいいでしょう。

復縁するための具体的な方法は?

本当に彼と復縁したいという素直な気持ちがあるのであれば、自分の気持ちにしたがって行動をしていくべきです。

ただ、復縁したいと思ったところですぐに復縁できるわけではありませんよね。

復縁するためにはいくつかのステップを踏む必要があります。ここでは、そのステップをご紹介していきます。

まずは少し時間をおく

復縁したいと思ってすぐにLINEや電話で連絡するよりは、少し冷却期間を置いた方がいい結果を生みやすくなります。

特に、相手から別れを告げられた場合、別れてすぐに「お願いだから考え直して!」「どうしても忘れられない…」などとすがってみても、相手からすると「うざい」と思われるだけ。よけいネガティブな印象になって復縁は遠のいてしまうので注意しなければなりません。

すぐにでも連絡したい気持ちをグッと抑えて、復縁成功を引き寄せるためにも、少しの間は一人の時間を持って自分自身のことに集中してみてください。

 

「復縁したい」を優先しないで「彼が好き」という気持ちだけを大事にする

あなた一人が強く思っていても、彼の心が動かなければ復縁はできません。

なので、いくら「復縁したい」という気持ちが強くてもそれだけを優先させないように気を付けましょう。あなたの気持ちだけでなく、彼の気持ちも復縁に向かないとうまくいかないからです。

そして、そのためには「復縁を成功させたい」という思いから少し離れて、自分の彼に対する気持ちだけに集中してみてください。

あなたが彼を好きな気持ちは偽りのない純粋なもののはずです。

彼の方にも、あなたのその純粋な「愛」だけが伝わるので、より気持ちを受け入れてもらえやすくなります。

彼の気持ちをコントロールしようとしないで、あなた自身の「彼を好きな気持ち」だけ大事にすること。

「どうやったら復縁できるか」を必死に考えるのではなく、彼が好きというあなた自身の気持ちに集中してしばらく過ごすようにしてみてください。

いきなり復縁を迫らないことが大事!

ある程度の冷却期間を置いたあとでも、いきなり復縁を迫るような連絡をしない方がいいです。友達のように「話せる関係」に戻ってから、自然と距離が縮まっていくのに任せるのがベストです。

あなたの中にある元彼への強い執着が外れて純粋な愛だけになると、二人の関係もスムーズに動きやすくなります。

執着がなくなったときに、元彼に自然と連絡を取ってみるのもいいですし、もしかしたら元彼の方から何かしらのアプローチがあるかもしれません。ポジティブな動きが出るのは、あなたの執着や彼との運命をコントロールしたいという欲求が消えたときだと思ってください。

復縁の気持ちを伝えるタイミング

復縁に執着せずに自分が彼を好きという気持ちに向き合っていくと、あなたと元彼を取り巻く状況は少しずつ変わっていくはずです。

元彼と友達のような関係になることができて、いろいろ話ができるようになるかもしれません。

また、音信不通の状態から急に元彼から連絡が来てやり取りを始めたり、会うようになるかもしれません。

そうして元彼との関係が少しずつよくなっていったときに、直感的に「今が復縁するときなのでは!?」と感じるときがあるはず。

そのときが来たら、迷わずにストレートにあなたの気持ちを伝えてください。

駆け引きのような小細工をしないで、正直にあなたの気持ちを伝えるのがベストです。

別れのときに二人の間にあったわだかまりが溶けてきた段階で、あなたの純粋な「好き」という気持ちが伝われば、復縁できる確率はとても高くなるのです。

復縁の成功率をアップさせるポイントは?

復縁自体は、元彼をコントロールして力技で押すのではなく、自然に復縁へと行きつく流れを作るということが一番大事です。

復縁にベストの流れを自然に作る

復縁にベストなタイミングというのは、あなただけでなく元彼も復縁を受け入れる準備ができたときということ。

このタイミングを自然に作り出すために、最初は冷却期間を置いてコンタクトを取らないようにすることや、復縁への執着を頭から消して彼を好きという気持ちにフォーカスするということをじっくり取り組んでいってください。

同じ過ちを繰り返さない自分になる

別れる前の自分と同じ過ちを繰り返さないことも大切です。

別れた原因となる問題がそのままなら、相手も復縁したいとは思えないはず。

もし元彼が自分に対して不満に思っていた部分があれば、そこを直す努力をしましょう。また、あなたが自分自身に対して「自分のここがイヤ」と思っている部分があれば、そこを直して女性として、また人として、一段上のレベルにあがるチャンスです。

一度関係を終了したからこそ、「新しく生まれ変わったあなた」になるつもりで、以前の自分の悪いところや過ちを見つめて直していくことようにしてください。

自分が変わる

上に書いたことと重複する部分もあるのですが、復縁するなら「生まれ変わった自分として新たに彼と出会う」くらいに気持ちを切り替えた方がいいでしょう。

彼の中にあなたの古いイメージが残ったままで、もしその古いイメージにネガティブな要素がつきまとっている場合、関係の修復自体あまりうまく進まない可能性があります。

逆に、久しぶりに会ったあなたが以前とはまったく違う印象だったり、ポジティブで明るくなっていたりすると、否が応でも彼に新鮮な引っかかりを残すことができます。

古いイメージのままでは「ただの元カノ」でしかなかったあなたが、彼にとって再び気になる存在になります。

・ダイエットをする

・髪型やメイクをガラッと変える

・ポジティブになる

など、生まれ変わった自分になるために今できることをすぐに始めてみてください。

復縁で気持ちを告白するときの注意点

「今こそタイミング!」と思ったときは、下手な小細工はせずにストレートに気持ちを伝えるのがベストです。

ただし、

・自分の気持ちを押し付けないこと

・相手の気持ちを尊重すること

・しつこく追わないこと

この3点は注意してください。

ストレートに気持ちを伝えることと、相手に自分の気持ちを押し付けることは違います。「あなたが好き」ということはそのまま伝えてOKですが、「私はこんなに好きなんだから、あなたもまた私を好きになって!」と押し付けるのはNGです。

気持ちを伝えたら、「あなたの気持ちも知りたい。でも無理はしてほしくないから、正直に思っていることを言って」と素直になることが大事です。

たとえそこで彼の返事が期待したものでなくても、彼のあなたに対する気持ちには何かしらの変化はあるはずなので、また別の「その時」を見据えることができます。

復縁の道のりは一歩ずつ!焦らずに自分と向き合う時間と考えて

復縁は決して簡単なものではないかもしれません。

ですが、世の中に復縁したカップルは数えきれないほどいるのも事実です。復縁後には以前よりもずっとよい関係を築くことができて、その結果、結婚までいったというカップルもたくさんいます。

ただ、復縁には焦りは禁物。焦ると自分の「復縁したい」という気持ちを相手に押し付けてしまい、追えば追うほど相手からは嫌われるという悪循環になってしまいます。

最初から「復縁したいなら時間をかけた方がうまくいく」という気持ちで、まずは相手のことよりも自分自身と向き合うことから始めてみてください。

別れた後や、復縁に執着しているときというのは、想像以上に自分のことをないがしろにしていたりするものです。

自分の本当の気持ちと向き合って、彼のことを想う気持ちを大切にして、そのあとで元彼との関係を進めていく行動へと移しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました