海外転勤・赴任で別れた元彼との復縁|海外との遠距離でも復縁は可能?

復縁

海外に支社がある企業で働いている男性の場合、力がある人で海外勤務を希望するなら海外への転勤は彼にとって出世の第一歩。

さらに、海外で働くことが夢という男性もいるでしょう。

彼の海外転勤が原因で別れてしまった場合に、復縁する可能性はあるのでしょうか。

海外転勤は人生の大きな節目!

国内での地方転勤と比べても、海外転勤というのは彼の人生において大きな節目となる出来事のはずです。

グローバル企業でのような大きな会社で海外転勤になるということは、彼自身が海外勤務の希望を会社側に出していたはずです。その希望が通ったということは、彼にとって大きなチャンスをつかんだと言うこと。

また、転職などで海外での勤務を選んだという男性にとっても、ある意味「海外で働く」という夢がかなったということです。

いずれにしても、海外志向がある男性のはずですし、海外での勤務が決まった時点で人生の大きな節目を迎えたと言えるでしょう。

その人生の節目であなたとの別れを選んだということを、まずは冷静に受け止めないといけません。

彼の海外転勤で別れることになった理由は?

彼が海外転勤になったとき、彼女であったあなたの存在をどのように考えていたのでしょうか。

・彼の方は、海外転勤を期に結婚をして一緒になりたかった(でもあなたが海外での生活は無理と考えて別れた)

・彼の方から、海外転勤にあなたを連れていけないので別れようと言われた

・彼の方は、海外転勤にあなたを連れていけないけれど、日本に戻るまで待っていてほしかった(でもあなたは待てないと思って別れた)

海外転勤がきっかけで、彼とあなたがそれぞれどのように二人の関係をとらえていたのかが分かる部分もあると思います。

海外転勤というのはあくまでも「きっかけ」であって、その後にどういう理由で別れという決断をしたのかをもう一度考えてみてください。

彼の海外転勤が原因で別れた場合に復縁はできる?

別れるという決断に至った理由によっても、復縁の可能性は違ってきます。

上にあげた3つの理由でそれぞれ考えてみましょう。

彼の方は、海外転勤を期にあなたと結婚をして一緒になりたかった場合

彼は海外転勤を期にあなたと結婚し、一緒に海外で生活したいと考えていたのに、あなたの方が海外での生活は無理と判断して別れた場合です。

この場合は、彼にとってもあなたにとっても大きな人生のターニングポイントだったはずなので、とても大きな決断をしなければいけなかったはず。

なので、あなたも彼も本気で話し合ってしっかり考えた末に「別れる」という結論を下したんだと思います。

そのうえで、あなたの方が「やっぱり彼と一緒になりたい」という気持ちを捨てきれなかったのであれば、率直にその気持ちを伝えるのがいいでしょう。

ただ、その場合でも一定の冷却期間をあけることは大事。

彼からすれば、覚悟をもってあなたへ「ついてきてほしい」という気持ちを伝えたにもかかわらずそれを断られたという事実があるので、「やっぱり一緒にいたい」と言われても手のひら返しをされたような気持ちになって彼のプライドも傷ついてしまいます。

なので、少し時間をあけたあとに、「自分の気持ちに嘘をついてしまった。本当はあなたと一緒にいたい。海外であなたを支えたい」という素直な気持ちを伝えるようにしてみてください。

元々彼の気持ちがなくなって別れたわけではないので、あなたの真摯な気持ちが伝われば関係も修復しやすいはずです。

彼の方から、海外転勤にあなたを連れていけないので別れようと言われた場合

この場合は、二人の関係がすでに倦怠期などでマンネリ化していて、彼は海外転勤をきっかけに心機一転新しい生活を始めたいと考えていたことが考えられます。

もちろん、物理的にあなたを連れていけない理由があって、自分の都合だけであなたを待たせておくわけにはいかないと考えて、この結論に達したという場合もあると思います。

ただ、その場合でもあなたと一緒に人生を歩む覚悟がまだできていなかったということにはなるでしょう。

今はまだ仕事の方を優先させたいと思っているのかもしれません。

この状況で復縁をしたいなら、冷却期間を長めにとって、あなたの方も「もし戻れたとしても遠距離でほとんど会えない中での関係になるけど、本当にそれでもいいの?」ということを自分自身の心にしっかり聞いてみてください。

海外との遠距離でほとんど会えなくても、それでも彼と復縁したいと思うなら、まずはちょっと長めに冷却期間をおくようにしてみてください。

その間に、元彼は海外での新しい生活を始めることになるので、今までとは全然違う新しい刺激に囲まれた時間を過ごしているはず。

この刺激的な時間を過ごしている間は、できるだけ連絡を取らない方がいいでしょう。

そして、海外での生活に慣れてくると、刺激だけで楽しいことばかりではなく、日本でのことが懐かしくなってきたりします。

人や環境にもよると思いますが、だいたい半年から1年くらい海外で生活すると、だんだん刺激もなくなってきて、日本が恋しくなってくることが多いでしょう。

この時期こそ、久しぶりに連絡をとって気持ちを打ち明けるチャンスです。

彼の気持ちが「懐かしい日本」に戻っているときに、その当時一緒にいたあなたから連絡をもらうことで彼がとても必要としている「安心」を強く感じるはずです。

そこで、率直に復縁したいという気持ちを伝えるのがいいでしょう。

彼の方は、海外転勤にあなたを連れていけないけれど、日本に戻るまで待っていてほしかった場合

さまざまな理由で海外にあなたを一緒に連れていくことはできないけれど、日本に戻るまで遠距離恋愛で待っていてほしいと彼は思っていたにもかかわらず、あなたが海外との遠距離で待つことができないと思って別れた場合、復縁できるかどうかはあなたの気持ち次第ということになります。

海外との遠距離でずっと会えない状態が続くこと、何年も待たないといけないかもしれないこと、これらのことが本当に受け入れられるのかを自問自答してみてください。

別れたときは、あなたがそれを「待てない」と判断したはずなので、それを翻すくらいの強い気持ちが本当にあなたにあるのかどうか。

もし、一時的な感情でなく、本当に「やっぱり待ちたい」という結論に達したなら、それをすぐに率直に彼に伝えるようにしましょう。

彼はあなたが嫌いで別れたわけではないので、「じっくり考えたけど、やっぱりあなたしかいないから復縁してほしい、ずっと待ちたい」と言われれば、彼の気持ちも復縁に向かって動くはずです。

海外転勤が原因で別れた元彼と復縁したいときの注意点

海外転勤が原因で別れた元彼と復縁したいときには、必ず自分自身に確認してほしいことがあります。

それは、「本当に会えなくてもいいのか、待てるのか」ということです。

もし心が揺らいでしまうなら、一時的に復縁に成功したとしても長続きは難しいでしょう。

国内での転勤とは違って、「会いたくなったら、週末にちょっと会いに行く」ということはできません。

どこの国かにもよりますが、会えるとしても1年に1回か2回くらいが限界でしょう。

物理的に会えない状況に耐えられないと続かないということは、復縁を進める前に覚悟しておかないといけません。

また、会えない分すれ違いが起こりやすいということも理解してください。

すれ違いや勘違いから、けんかになって結局また別れることに…なんてこともあり得ます。

・近くにいたとき以上に頻繁にコミュニケーションをとる

・不安に思ったことなどを素直に伝える

お互いに、心が離れないようなコミュニケーションの努力は必要になります。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました