復縁にはタイミングや誘い方が大事!元彼の心を取り戻す告白術

復縁が成功するかどうかは、「タイミング」と「誘い方」にかかっています。

あなたの気持ちだけで自分勝手に動くのはNG。

元彼が受け入れやすい状況や誘い方をすることで、復縁できる確率もアップします。

復縁にベストなタイミングは?

まず、別れてすぐの時期はNGです。

ネガティブな気持ちが残ったままなので、あなたの気持ちを受け入れてくれる可能性は低いと考えていいでしょう。

一度しっかり区切りをつけて、しばらくは連絡を取らないようにしてください。

しばらく時間をあけることで、元彼の気持ちがネガティブからフラットに変わります。

元彼からネガティブな感情が消えたころを見計らって連絡してみるといいでしょう。

このとき、元彼から警戒されないように、あなたの気持ちを押し付けようとしないことを頭に置きながら連絡するのがポイントです。

復縁のきっかけ作りと警戒されない誘い方

では、元彼から警戒されないように誘うには、どうやってきっかけを作ればいいのでしょうか。

話しかけるきっかけはどう作る?

まずは、しばらく期間を開けたあとで元彼に話しかけるきっかけ。

これが一番難しいと感じるのではないでしょうか?

一番いいのは元彼の方からあなたが恋しくなって連絡してくるというパターンですが、なかなかそんなに都合よくいきません。

なので、きっかけは自分から動いて作るようにしましょう。

あまり重くならないためにも、LINEなど日常的に使う連絡手段で軽く様子をうかがってみてください。

「誕生日などで、久しぶりにふと思い出した」

「困っていることがあって、ちょっと聞いてもいい?」

などのように、自然な流れで軽く連絡してみたという流れを作るようにするといいでしょう。

LINEで元彼とのきっかけを作る具体的な方法はこちらの記事でご説明しています。

復縁のきっかけは自分で作る!LINEを使って復縁に一歩近づく言葉をかけてみる

元彼が受け入れやすい誘い方は?

元彼と連絡を取って延々とLINEのやり取りを続けていてもあまり意味がありません。

「ここだ!」というタイミングを見計らって、あなたの方から誘ってみてください。

上手な誘い方のポイントとしては、元彼に変なプレッシャーをかけないこと。警戒されてしまったら一度縮まった距離もまた開いてしまいます。

そのためにも、元彼が「断りやすい」雰囲気を出すこと。逆の立場になって考えるとよく分かりますが、断ってもいいと分かれば反対に受け入れやすくなるのが人間の心理なんです。

その他にも、具体的な誘い方やタイミングなどはこちらの記事で詳しく説明しています。

復縁したい元彼を食事や飲みに誘うのはアリ?警戒されない誘い方

では、食事に誘ったけれど断られてしまった場合にはどうしたらいいのでしょうか。

せっかく勇気を出して誘ったのに断られたらショックを受けるかもしれません。

でも、元彼が一度別れた相手からの誘いに慎重になるのはある意味当然のこと。

断られたからといって「なんで??私と会いたくないの?」などと元彼を責め立てたり、「じゃあ、この日ならどう??」と元彼がイエスと言うまで追い詰めることは絶対にやめましょう!

元彼を食事に誘ったのに断られたときの具体的な対処法はこちらの記事で詳しく説明しています。

【復縁】食事に誘ったら断られた…!ピンチを復縁チャンスに変える方法

元彼との再会!復縁までの自然な流れを作る会話のポイントは?

元彼をうまく食事に誘うことができて、いざ再会!…となると、次に気になるのは「うまく話せるかな!?」ということ。

ただでさえ久しぶりの再会で緊張する場面だからこそ、心の準備や会話の準備は必須。

準備がちゃんとできていないと、食事の場がぎこちなくなって元彼に居心地の悪い思いをさせてしまう可能性もあります。

できるだけお互いが気兼ねなく話せる無難な話題(食べ物や趣味の話題など)で楽しい雰囲気を出すのがポイント。

そして、あなたが「聞き役」になることが会話をスムーズに進めるコツです。

元彼に気持ちよく自分のことを話してもらえるように、会話を広げる工夫をしてみてください。

食事のときの会話のポイントはこちらの記事で詳しく解説しています。

復縁したい元彼と食事に行くときに何を話せばいい?復縁に近づくための会話ポイント

また、自分から誘ったわけではなく、仲間同士の飲み会などで元彼と顔を合わせないといけないケースもあります。

元彼も一緒になる飲み会での自然な振舞い方・復縁のチャンスを逃さないためのポイントはこちらの記事で詳しく説明しています。

元彼も一緒の飲み会でどう振舞えばいい?復縁のチャンスを逃がさないためのポイント

元彼が「よりを戻したい」と自然と思える告白術は?

元彼と食事に行けるような関係になったら、次のステップに進みたいですよね。

「今もあなたのことが好き」「また付き合いたい」

そんな気持ちを告白して元彼からよい返事をもらうためには、元彼の方も「また戻ってもいいかな」と感じているようなタイミングで告白するのが大事です。

なんとなく友達のような関係で再会するようになっても、元彼があなたを恋愛対象として見ていなければ告白してもうまくいかない可能性が高いからです。

なので、最初は大げさに「デートをする」というかんじではなく、まずは食事に行ったり、一緒に買い物に行ったりという時間を少しずつ積み重ねていくようにしましょう。

そして、一緒にいるときの元彼の気持ちが少しずつあなたの方に向いてきたときを待って、あまり重くならないように告白!

復縁の告白をするときは、重い雰囲気を出したり返事を急いで求めたりするのはNGです。

時間がかかってもいいというつもりで、あなた自身の本音の気持ちをぶつける(でも重くならない表現で)ようにしてみてください。

復縁したい元彼をデートに誘うときのタイミングや告白方法はこちらの記事で詳しく説明しています。

復縁したい相手とデートの約束!成功率を上げる誘い方・場所と告白のタイミングは?

元彼への連絡やデートを成功させるためのベストなタイミングについてはこちらの記事で詳しく説明しています。

復縁成功にはタイミングが大事!気持ちを伝えるベストなタイミングと告白方法は?

また、別れた理由によってはあなたがしっかりと元彼と向き合って話し合う必要が出てくる場合もあります。

そんなときには、復縁の告白をする場所や話す内容にも注意が必要です。

上で説明したような「デート」のシチュエーションではなく、話し合いをする場として適切なのはファミレスやカフェなど落ち着いて話せる場所。

ただ、この段階でどちらかの自宅で話すのはやめた方がいいでしょう。

感情的にならずに冷静に話し合いをできるような場所を選んでください。

復縁の「話し合い」をするための具体的な方法はこちらの記事で詳しく説明しています。

復縁の話し合い場所はどこにすればいい?成功率が高い場所と話す内容

復縁で失敗しやすいNG行動やNG表現

ここまで、復縁したい元彼と連絡を取ったり実際に会って告白したりするまでの具体的なステップを紹介してきましたが、実際に行動するときに絶対やってほしくないNG行動やNGワードなどがあります。

まず、食事やデートの誘いを断られたり、復縁の告白を断られたりしたときに、何度もしつこく食い下がるのは絶対にやめましょう。

復縁で一番大事なのはタイミングです。

一度断られても、しばらくまた時間をおいて告白すればうまく行くという可能性もあります。

でも、一回断られただけで焦ってしつこく言い寄るのは、その可能性をつぶしてしまうことにもなります。

復縁で告白するときに、何度も告白すると失敗してしまうパターンはこちらで詳しく説明しています。

復縁で何度も告白するのはあり?ウザがられずに気持ちを振り向かせるためのポイントは?

また、気持ちを伝えることは大事ですが、熱意が強すぎて元彼がその気持ちを負担に感じてしまうという場合もあります。

熱意が強すぎるとどうしても重くなってしまったり、元彼からするとコントロールされているように感じてしまうでしょう。

復縁したいときに熱意をどうやって伝えればうまくいくのかは、こちらの記事で具体的に説明しています。

復縁するには熱意が大事?成功率が高い熱意の表し方とNG行動

そして、復縁したいなら絶対に避けたいNG行動やNGワードもあります。

こちらの記事で具体的に説明していますので、復縁のアプローチをする前に必ず一度確認しておいてくださいね!

復縁が失敗してしまうNG行動・NGワード|絶対にやってはいけないことって?

タイトルとURLをコピーしました