復縁効果抜群の心理学テクニック4つのポイント&気を付けるべき注意点

復縁

復縁したい人なら知っておいて損はないのが心理学のテクニックです。

感情にまかせて復縁のアプローチをするのではなく、心理学テクニックをうまく使って戦略的に行動することで、元彼の心を取り戻しやすくなります。

「どうやったら、元彼の気持ちを私に向けてもらえるかな…?」と悩んでいる方は、この記事で紹介する心理学のテクニックを使ってみてください。

 復縁がうまく進展しない方へ 
2022年10月復縁可能性無料で鑑定できます

復縁専門占い師白兎(ハクト)先生
LINEで簡単無料鑑定

なぜ心理学で復縁の可能性が高くなるの?

心理学というのは人の心や行動を理解するための学問。

長年にわたる研究の結果、多くの人の行動や感情にはある一定のパターンがあることが分かっています。

心理学のテクニックをうまく使うことで、相手の行動や感情のパターンをうまく誘導することができるのです。

特に復縁というのは「一度壊れた人間関係を修復する」というもの。まっさらな状態から新しい関係を築くよりも難しいですよね。

特に、相手があなたに対してネガティブな感情を抱いているときに、正面から体当たりでアプローチしてもますます嫌われて失敗に終わることの方が多いのです。

そんなときこそ、心理学で相手の気持ちを先読みしていくのが効果的。

あなたがどんな行動をすれば元彼はポジティブな反応をするかというパターンが分かればどうでしょう?闇雲にアプローチするよりも、元彼からよい反応をもらえるような行動をした方が復縁が前に進む可能性は高くなりますよね。

もちろん心理学のテクニックはすべての人に当てはまるわけではありませんが、確率が高まるのは事実。

元彼のあなたに対する気持ちを少しでもポジティブなものに変えたいなら、心理学を使って戦略的に行動する方が成功確率も高くなるのです。

復縁の可能性を高める4つの心理学テクニック

復縁したい相手に対して使える心理学のテクニックを4つご紹介していきます。

どれも実践的なものばかりなので、すぐにでも試してみてください。

ゲインロス効果

ギャップを見せることで相手に興味や好感を持たせるという心理テクニック。

例えば、いかにも悪そうに見える人が、実は休日にはボランティア活動に参加していることを知ったらあなたはどう思いますか?

「え!?あの人がボランティア活動してるの??」というギャップに驚いて、ふだんから真面目な人がボランティアをするよりも「すごい!」という尊敬の念まで生まれて見る目が完全に変わりますよね。

このように、イメージのギャップが大きければ大きいほど効果は大きくなります。

この心理テクニックを復縁で使うなら、元彼があなたに対して持っている印象(特に「悪い印象」)を良い意味で裏切ればいいのです。

たとえば、あなたが元彼に依存しすぎたことが原因で別れた場合、別れたときとは正反対の「自立した女性」としての姿を見せることができれば、元彼はそのギャップに驚いて変わったあなたに関心を持ちやすくなります。

ゲインロス効果をうまく使えば、悪いイメージを残して別れたケースでも彼の気持ちを取り戻せる可能性が大きくなるんですね。

ただ、このテクニックを使うためにはあなた自身が大きく変わらなければいけません。あなたの「本気で変わろう」という気持ちと実行力が必要。

イメージを一新して、元彼が思ってもいなかったプラスの側面を見せることで、元彼から「好意」を引き出しましょう。

ウィンザー効果

ウィンザー効果というのは、第三者からの情報だと信用しやすくなる心理を利用したテクニック。

復縁の場面で使うなら、あなたの良さや変化を第三者を通じて元彼に伝えてもらうようにしましょう。

あなたが直接元彼に「私は変わったの!本当はこんな優しい側面もあるのよ!」とアピールするより、彼の友達から「この前お前の元カノ見かけたけど、すっごいきれいになってたぞ!」とか「あの子実はすごく頑張り屋で優しいんだな、知らなかったよ」などと言われる方が信用してしまうのです。

ウィンザー効果を使うなら協力者が必要。元彼にあなたの良さを伝えてもらうため、元彼が信頼している第三者を巻き込む必要があります。

元彼の親友など「元彼側」の人の協力を得られるとベスト。ただ、それが難しいなら、できるだけ元彼とあなたの二人を知っていて中立的な立場の人に協力してもらうのがいいでしょう。

ポイントは、あなたが仕組んで言わせていると元彼に思わせないことです。自然な形で元彼に伝えてもらうようにしてください。

ウィンザー効果がうまくハマれば、元彼はあなたのことが気になって仕方がなくなるはずです。

返報性の法則

返報性の法則とは、人にされたことと同じレベルのことを相手に返したいと思う気持ちのこと。

たとえば、あなたの誕生日に友達からプレゼントをもらったら、その友達の誕生日にはあなたからもプレゼントをあげようと思いますよね。

これが返報性の法則です。何かしてもらったことに対して、感謝の言葉だけでなく同じようなことで相手にお返しをしたいと思うのです。

これは復縁にも十分に応用できるテクニック。

もし「また元彼と仲良くしたいな」「元彼の気持ちが戻ってくれないかな」と思うなら、彼から何かを得ようとする前に、自分から彼に与えることを意識するのです。

たとえば元彼が困った状況になっていると聞いたら何気なく助け船を出すなど、自分が目立たないように彼をこっそり支えてあげてみてください。

このとき、「振り向いてほしいから助ける」のように下心(目的)が見えないようにすることが大事

元彼が純粋に「本当に助かった、お返しがしたい」という気持ちになるように、見返りを求めない気持ちで行動してみてください。

カリギュラ効果

何かを禁止されることで逆にそのことが気になってしまうという心理。

不倫など禁断の恋だとよけいに燃え上がってしまったり、親から結婚を反対されると何が何でも結婚しようと思ったりというのはカリギュラ効果が働いているためです。

これは復縁の場面でも活用できます。

たとえば、別れたあともダラダラと連絡を取り合っていたなら、あなたの方から「もう連絡しない、あなたも連絡しないで」と言ってスパッと繋がりを切ってしまうのです。

別れたとは言え「いつでも連絡できる」状態だったのが、これからは一切連絡しないでと言われたら元彼はどう思うでしょう?あなたのことが気になって仕方がなくなりますよね。

また、あなたの魅力を最大限に高めて、元彼にとって手が届かない存在になってしまったと感じさせるのも効果的。外見も内面も徹底的に磨きをかけて、元彼の知らない交友関係をどんどん広げてみるといいでしょう。

その充実した姿をSNSにアップして彼の目に留まるようにすれば、遠い存在になってしまったあなたを取り戻したいという気持ちが元彼の中に芽生えてくるはずです。

復縁に心理学を使うときの注意点

ここで紹介した心理学での復縁テクニックは、あくまでも人の自然な心理を利用して復縁への足掛かりとするためのものです。

心理学で相手をコントロールしようとするのではなく、元彼の気持ちが揺れ動くような状況を整えるために使うようにしましょう。

独りよがりにならないように気を付けながら、こうした「人間の心の動き」を知って行動してみてください。

心理学テクニックを使うときのポイントは、相手の気持ちを常に想像してみること。「こういう行動をしたら、相手はどんな気持ちになるかな?」と考えながらここで紹介した心理学テクニックを使えば、自然な流れで元彼の気持ちを少しずつ取り戻しやすくなります。

「復縁がうまく進展しない...」と悩んでいませんか?

元彼と復縁できる可能性や、あなたに合った復縁方法を知りたいなら
復縁専門占い師♡白兎(ハクト)先生
無料鑑定を受けてみてください。
2022年10月の復縁可能性は?

★LINE友だち追加ページが開きます★

コメント

タイトルとURLをコピーしました