復縁したい元彼の心に響く「謝罪の手紙」の書き方|重くならずに真剣な気持ちを伝える方法は?

別れた元彼と復縁したくて、今までのことを謝りたい

そのために、直接会ったり電話で話すのではなく、謝罪と感謝の手紙を書くことで復縁の確率は上がるのでしょうか。

復縁したい元彼に謝罪したい!連絡はLINE?メール?手紙がいい?

あなたの言動や行動が原因で彼から別れを告げられた場合、まずは「謝罪」をしないといけないと考えますよね。

スマホが当たり前の時代なので、手紙よりもメール、メールよりもLINEの方が気軽に送れるし彼も気軽に受け取れるのでいいかもしれないと思うでしょう。

でも、そんな時代だからこそあえて手紙という手段を選んでみるのもおすすめ。

元彼はあなたからLINEがくるかも、もしかしたら長文でメールで送ってくるかも…と予測しているはずなので、その予想を裏切る形で手紙を送るというプチサプライズになる

また、LINEやメールだとありきたりな連絡手段なので、別れたあとであなたに気持ちがない状態の彼は「読まずに無視する」ということも考えられます。

手紙なら「え?手紙で送ってくるなんて何か大事なことが書いてあるんじゃないか」という気になるので、開封してしっかり読んでもらえる可能性があがります。

復縁したければ電話より手紙が効果的な理由

また、復縁したいという気持ちを伝えるために、電話という手段も考えられます。

お互いに直接声を聞いて正直な気持ちを伝えた方がいいんじゃないかと思うかもしれませんが、電話は超リアルタイムなので相手にも自分にも考える時間がなくなるというデメリットがあります。

その場で相手に言われたことに対してすぐに反応して返事を返さないと会話が成り立たないので、思っていないことを口にしてしまったり、つい感情的になってしまって逆にもっとぎくしゃくしてしまうということもありえます。

手紙なら、自分が思っていることを率直に伝えられますし、よけいなことを言わずにすみます。相手からしても、その場ですぐに反応する必要がないので、じっくりあなたの手紙を読み返して色々なことを考えたうえで、気持ちを整理して返事ができます。

もちろん返事をしないという選択肢も相手に与えられるので、相手からしても気が楽になります。

手紙だと重くならない!?

ただ、手紙だと手軽さがない分「重く感じられるんじゃないか」「今どき手紙なんてうざがられるんじゃないか」と思うかもしれません。

たしかに、メールやLINEと比べると気軽にできることではないので、書き方次第では重くとらえられてマイナスに働く可能性もあります。

逆に、書き方次第では手紙の方が重くならずに丁寧さがしっかり伝わってプラスに働くことも。

書き方に注意することが大事です。

復縁の謝罪の手紙はどんな内容にすべき?彼の心を動かす書き方は?

復縁したい元彼に謝罪の手紙を送るとき、内容次第で相手が受ける印象が大きく変わります。

ひとりよがりの反省文は意味がない

まず、謝罪をするときにひとりよがりの反省文を書いても意味がないということは頭に入れておきましょう。

あなたが伝えたい気持ちをそのまま書くのではなく、相手がどんな気持ちになったのか、これを読んで相手はどう思うのかを考えたうえで謝罪をすることをこころがけてみてください。

感謝の気持ちを伝える

たとえ謝罪の手紙であったとしても、手紙の最初と最後は相手に対しての「感謝」の気持ちを書くようにしてみてください。

まずは感謝から入る。締めも感謝で終わる。

取って付けたような感謝ではなく、あなたが本当に元彼に対して「ありがたいな」と思っていることを簡潔に書いてください。

謝罪は気持ちを込めて簡潔に!

感謝の気持ちを伝えたら、本文でもある「謝罪」です。

上にも書いたように、謝罪がひとりよがりの反省文になってしまっては意味がありません。

あなたが悪かったと気づいている部分、元彼に対してどう申し訳なく思っているのかなどを簡潔に書くようにしましょう。

ダラダラと長文で書くのは逆効果です。ただし、事実を並べるだけでなく、あなたがどうして謝罪したいと思ったのかなど気持ちを込めた表現も大事です。

元彼が怒っている原因を理解していることを示す

「〇〇してしまってごめんなさい」というようにただ起こったことを謝るだけでなく、元彼が怒っている原因をちゃんと理解していることを示す必要があります。

「〇〇してしまってごめんなさい。あんなことをしたら、あなたが〇〇と思うのは当然ですよね。あなたの気持ちを裏切ってしまったことを今では本当に反省しています」

というように、その原因を理解したうえで反省している気持ちを示すようにしましょう。

許してもらおうとしないことが大事

許してもらいたいという気持ちが文章に出てしまうと、自分のために謝罪している、復縁したくて謝ってるだけと思われます。

「もう二度としないので、どうか許してください」などと書かれていても、許す・許さないは相手が決めること。

あなたから「許して」という言葉は書かない方がいいです。

謝罪と反省をしっかり示して、それによって彼が許してくれても許してくれなくても、私の謝罪の気持ちと元彼への感謝の気持ちは変わらないんだというスタンスを貫くことが大事です。

言い訳・人のせいにしない

自分に悪いところがあったと認めて、その原因をちゃんと理解していることを示すのは大事

でも、それを「〇〇だったからこう言ってしまった」「〇〇のせいであんな行動をとってしまった」のように言い訳をしたり人のせいにしたりすると、印象は一気に悪くなってしまいます。

あくまでもあなたと彼の間の問題であることを理解して、潔く自分の非を受け入れることが大事。

周りの人や環境、状況のせいではなく、自分がこう感じて行動してしまったためにこういう結果になったということを伝えるようにする

自虐的な内容は逆効果

謝罪と自虐はまったく違います。

謝っているうちに、「私がすべて悪かった」「私のような人間はあなたに愛される価値はない」などと極端な自虐に走ってしまう場合があります。これも相手のことはまったく考えていないことがバレバレで、自分のために謝罪の手紙を書いているんだと捉えられてしまって逆効果です。

自虐や不幸アピールの内容は、あなたの自己満足であると感じられてしまいやすいですし、復縁したくて自分のことをかわいそうと思ってもらいたくて書いていると思われるので逆効果になるということを意識しておきましょう。

復縁したい元彼への謝罪の手紙は自分の気持ちを率直に伝えられる手段

手紙は書き方次第で、復縁したい相手に謝罪の気持ちを伝えるにはとても有効な手段になります。

必要以上に自分の気持ちを美化したり、自虐や不幸アピールで相手の気持ちをひこうとしたり、謝罪している自分に酔った文章を書いたりせずに、

自分が謝りたいこと、感じていること、反省していること、これからどうしたいかということ

などを率直に本音で書いた方が元彼の気持ちにもささりやすくなります。

「この手紙で許してもらいたい、復縁してもらいたい」という気持ちを一切持たずに、ただ「悪かったことを謝ろう、感謝の気持ちを伝えよう」という純粋な気持ちだけで小細工しないで手紙を書いてみてください。

結果的に、他の手段よりももっとストレートにあなたの気持ちが伝わりやすくなるはずです。

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました