復縁で成功しやすい話しかけ方!元彼に拒否されない伝え方は?

元彼と復縁するためには待っているだけではだめ。

別れた直後はお互いに冷静になって考えるための冷却期間が絶対に必要ですが、1か月~数か月くらいの時間を空けてあなたの気持ちが落ち着いてきて、あなた自身が別れの原因となった悪い部分を改善できたときに、元彼に話しかけてみるようにしましょう。

復縁したい元彼にどうやって話しかければいい?

復縁したい元彼にどうやって話しかければいいのか分からない人もいると思います。

気持ちが強ければ強いほど緊張しますし、何を話せばいいのか分からなくなって混乱してしまうこともあるでしょう。

久しぶりに再会したのであれば、そういう緊張を持っているのはあなただけでなく彼も同じなんです。

なので、「緊張してるから失敗する」と思わずに、「緊張するのは当たり前、うまく話せなくても構わない」という気持ちで開き直って話しかけてみるようにしましょう。

 

復縁したい元彼に話しかけるときのポイント

復縁したい元彼に話しかけるときには、事前にどういう風に話しかけるかも考えておいた方がいいですね。

まずは話しかけるスタートのところが大事です。

笑顔で話しかける

緊張してうまく話せないと思うと表情もこわばってしまいます。ガチガチになってしまわないように少し気分をリラックスさせながら、笑顔で話しかけてみましょう。

話しかける内容は気にする必要はほとんどありません。

内容よりも、あなたの笑顔がすべてを語ってくれるからです。笑顔はどんな言葉よりも最強のメッセージになるんです。

素直に「話せて嬉しい」気持ちを表す

あなたが元彼に会って会話できることをどう思うでしょうか?

緊張とか不安とかもあると思いますが、一番強いのは「話せることが嬉しい」という気持ちですよね。会えない期間が長かったならなおさら嬉しい気持ちが強いはずです。

なので、その気持ちは素直に表しましょう。

素直な気持ちは相手にも伝わりやすいですし、「嬉しい」というポジティブな気持ちが伝わって元彼もイヤな気持ちになることはありません。

元彼にプレッシャーを与えない

元彼にプレッシャーを与えるようなことはやめましょう。

笑顔を忘れてつい「どうして連絡くれなかったの!?」と問い詰めたり、やさしく接しているつもりでも「あなたが忘れられなかった」など別れたことに対してネガティブに感じる言葉をかけてしまうと、彼もあなたの言葉だけでなく存在までもがプレッシャーになってしまうので気持ち的にマイナスになってしまいます。

プレッシャーを与えないように、明るく気軽な会話をこころがけてみてください。

感謝を伝える

そして、元彼に感謝の気持ちを伝えてみてください。

「振られたのに感謝するの?」と思うかもしれませんが、元彼だけが一方的に悪くて関係が終わったわけではないのです。もちろんあなただけが悪いというわけでもないので必要以上に自分を責める必要はありませんが、まずは別れた理由や誰が悪いということは置いておいて、あなたが元彼との関係で抱いている感謝の気持ちを伝えてみましょう。

感謝されて悪い気持ちになる人はいません。

元彼がどんな風に思うと復縁できる?

あなたが元彼に話しかけたときに、元彼がどんな印象を受けると復縁に気持ちが傾くのでしょうか。

あなたがよい方向に変わったと感じたとき

まずは、元彼があなたのことを見て、あなたと会話を交わしてみて、「変わったな」と感じたときに、元彼はあなたへの興味を取り戻します。

「全然変わらない」というのが褒め言葉になるのは、いい思い出だけが残っているとき。少なくとも色々あって別れた二人なら、最後はあまりいい印象を持っていないはずなので、その悪い印象のまま「変わらない」と思われたら復縁の糸口はなくなってしまいます。

逆に、あまりいい印象がなかった別れた当時のあなたと比べて「明るくなった」「きれいになった」「前向きになった」「自立してきた」などはっきりしたよい方向への変化を感じられると、「あれ、もうあのときの嫌な感じの彼女じゃない」と思ってあなたに興味がわいてきます。別れたあいだに何かあったのか、新しい彼氏はいるのだろうかなど、色々と考え始めて、元彼の方からあなたに戻ってきてほしいと思う可能性もあります。

あなたの言葉がやさしいと感じたとき

あなたの変化がそれほど大きく感じられなかった場合でも、あなたの言葉を「やさしいな…」と感じたときに、元彼はあなたに親愛の感情を持つでしょう。

やさしい女性が嫌いな男性はいません。取って付けたようなやさしい言葉をかけるのではなく、ふつうの言葉に「やさしい」表情をつけてあげることで、彼の気持ちにすんなりと入り込むことができたりします。

元彼に復縁の告白をするときの気持ちの伝え方は?

元彼に話しかけることができて、また連絡のやり取りをするようになったら、タイミングをみはからって復縁したいという気持ちを伝えてみましょう。

二人の距離が近づいてきたなと感じられるときがそのタイミングです。

曖昧な言い方をしないではっきり気持ちを伝える

復縁したいという気持ちを伝えるときは、曖昧な言い方ではなくはっきりとその気持ちを伝えてください。

結果を恐れて曖昧にすると彼の方にも不信感が募っていって、逆効果になってしまいます。

明るく伝える

復縁というと何となく暗いイメージを持っている人もいるかもしれません。一度終わった関係を戻そうとするのですから、お互いに悪い印象もある中で「もう一度付き合ってほしい」というわけなので、じめじめしてしまいがちなんです。

なので、逆にあっけらかんと「まだ好きなんだよね!やり直したいと思ってるんだけど、あなたは今どう思ってる?」とさっぱりした感じで聞いてみるのがいいでしょう。

復縁したあとのイメージを伝える

復縁したあとのことを元彼にイメージさせるというのもポイントです。別れる前の悪いイメージが強い場合は特に、「復縁してもどうせまた…」とネガティブな印象が勝ってしまいます。なので、それを上書きできるくらいの明るいイメージを持ってもらうようにすることが大事。

そのためには、あなた自身が変わった姿を見てもらうことが一番手っ取り早いのでおすすめ。見た目だけでなく、性格的に彼からNGと思われていた部分を徹底的に改善することで、あなたが変わったことを印象づけられます。このとき「私、変わったから」と言葉で言わないようにしてくださいね!雰囲気や言動から「変わったな」と向こうに思わせるのです。

あなたがよい方向に変わったと思ってもらえれば、復縁したあとのことをイメージしたときに「またあのときと同じようになるのが怖い」とは思わないはず。明るく楽しく過ごしている二人がイメージできれば、元彼もあなたとの未来に前向きになるはずです。

何度もしつこくしない

もし復縁の告白をしても、元彼から断られてしまったり、元彼があまり乗り気ではない場合もあると思います。

そのときに、何度もしつこく理由を聞いたり追いすがったりしないようにしましょう。

1回の告白でチャンスは1回だけと割り切って、もしいい返事がもらえなくてもそこでは引き下がります。

そして、それでもあなたが元彼と付き合いたい気持ちが強いのであれば、また時間を置いてアプローチするようにしましょう。数か月は連絡しないで、さらに自分磨きに徹するのがいいでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました