復縁するには熱意が大事?成功率が高い熱意の表し方とNG行動

復縁

元彼とどうしても復縁したいと思っているなら、その気持ちを元彼に伝えることが必要です。

そしてそのときに、あなたの熱意が元彼の気持ちを動かす決定打となります。

復縁したいなら熱意は必要?

復縁したいのであれば、素直に「あなたが好き」という気持ちだけでなく、ある程度の熱意は絶対に必要です。

変に強がって「別に、あなたが復縁したいならしてもいいけど、まあどっちでもいいけど」という態度では、よほど元彼があなたを追っている状態でないとうまくいくことはありません。

復縁したければ熱意を表す必要はありますが、その表し方にも工夫をした方がいいでしょう。

復縁したいという熱意が強すぎても失敗する

復縁したいという気持ちはとても大事ですが、その熱意が強すぎると逆に元彼にプレッシャーを与えることになって失敗しやすいので注意が必要です。

熱意はただぶつければいいのではありません。

あなたの中で一度きちんとその熱意を消化してから、元彼にその気持ちを伝えるようにしてください。

押し付けない

いくらあなたの熱意が強いとしても、その気持ちを押し付けるのは絶対にNGです。

あなたの気持ちを伝えたうえで、最終的な判断は元彼にゆだねないといけません。あな他の熱意を受け取るのも拒否するのも、元彼次第なのです。

気持ちを押し付けるだけでは、復縁できたとしてもその後にまた二人の関係がこじれてしまう可能性もあります。

しつこくしない

熱意としつこさを混同してしまう人もいるので注意が必要。

熱意はあなたの気持ちの強さを表すのであって、けっして「どんな返事をされても諦めない」ことを意味するものではありません。

熱意を表さないとと思って、しつこく粘りすぎるのは絶対にやめましょう。

重くならない

熱意を伝えようとすると、どうしても話が重くなりがちです。

受け止めてほしい、分かってほしいという気持ちばかりが先行してしまい、元彼の同情を誘うような言い方になって重くなってしまうことがあります。

熱意を伝えるのは大事なのですが、そこで「重いな」と思われると復縁はうまくいきません。

元彼をコントロールしようとしない

元彼の気持ちをコントロールしようとしないことは大事です。

あなたが気持ちを元彼に伝えるのと同じように、元彼にだってあなたに対して自分が思っていることを率直に伝える権利があります。

あなたの期待通りの答えを求めて元彼をコントロールしようとせずに、元彼のことを最大限に尊重する態度をとることが、元彼の気持ちを取り戻すための一歩となることを覚えておいてください。

復縁したいという熱意の上手な伝え方は?

復縁したいという気持ちばかりが前面に出るような伝え方では、元彼にあなたの熱意が間違った方向で伝わっていきます。

まずはあなたが変わったことを見せる

あなたの熱意が口だけではないことを示すためにも、まずはあなた自身が変わったということを元彼に見せるようにしましょう。

「私はもう以前の私じゃない、もうあなたを傷つけるようなことはしない」ということを全身で表すことで、よりあなたの「好き」という気持ちも受け入れてもらえ安くなります。

熱意だけでなく誠意をもって伝える

熱意だけを一方的に伝えるのではなく、あなたが元彼に対して誠意をもって接していると思われることは大事です。

どんな反応をされても、元彼を尊重している態度は崩さないようにしましょう。

メリハリをつける

年がら年中「好き好き」言っている人から「好き」と言われても、あまり心に響きませんよね。

復縁の際の熱意も同じで、毎日毎日同じテンションであなたの熱意を伝えられても、元彼としてはお腹がいっぱいになってしまうのです。

熱意を伝えるときには、その熱意を際立たせるためにも「冷静」なあなたを見せるようにしてみてください。

冷静に装っているけれど、実は抑えきれない熱意があふれてくる…

そんな抑えられない気持ちの方が、人は心を動かされるのです。

熱意をそのまま伝えるよりも、メリハリをつけることでより強い気持ちとして伝わるのです。

復縁したいという熱意はどう受け取られる?

元彼のタイプや今の状況によっても、あなたの「復縁したい!」という熱意の受け取り方は違います。

元彼が情に厚いタイプ

元彼が情に厚いタイプの場合は、熱意80%以上で示していくのがいいでしょう。

ただ、この場合でもあなたの気持ちを押し付けるだけではダメなので、独りよがりの告白にならずに元彼のことを最大限に尊重している気持ちを表すのです。

あなたが自分のことを尊重してくれていて、さらに情熱を持って好きと言ってくれているというのが元彼に伝われば、気持ちがかなり揺れ動くはずです。

元彼が冷静なタイプ

冷静な彼だからこそ、熱意が伝わると心が動きやすいとも言えます。

ただ、あまりにもあなたの気持ちだけが先走ってしまうと、元彼はどんどん冷めてしまいますのでバランスが大事。

冷静な彼に対してはあなたも冷静になって淡々と気持ちを伝えながら、ここぞというポイントだけは「抑えきれない熱い気持ち」として表現してみるというメリハリが有効です。

元彼が慎重で臆病なタイプ

元彼の性格が慎重だったり臆病だったりすると、あなたが熱意ばかりで押しすぎると逆に引かれてしまいます。

石橋を叩いて叩いて、結局渡らないことも多いタイプなので、最後に決断をさせるためには復縁すると「安心」できるということを伝えるのが大事です。

そのためにも、あなたの気持ちを情熱的に伝えるより、あなたがどれほど元彼のことを尊敬して尊重しているのかということに情熱をかけて伝えることに集中してみてください。

自分の気持ちではなく、あなたのことをこれだけ大切に考えているということを伝えるのが、復縁に向かっていくためには必要です。

復縁したいという熱意は必要!余裕も必要!

復縁には熱意は絶対的に必要です。あなたの熱意がちょうどいい形で元彼に伝われば、元彼の気持ちも揺れ動くのです。

それだけ、人の想いは強いのです。

ただし、熱意だけで動くのではなく、あなた自身の心に余裕も必要です。

熱意だけで動いてしまうと自分の気持ちの押し売りになりがちです。気持ちに余裕を持つことで、冷静に自分を見つめることができて、元彼のことも尊重することができるからです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました