復縁したいなら「熱意」を見せること!成功率が高い熱意の表し方とNG行動

復縁

元彼と復縁するためには、あなたの素直な気持ちを元彼に伝えないといけません。

気持ちを伝えるときには「熱意」をちゃんと見せることが大事。元彼の心を最終的に動かすのはあなたの熱意だからです。

ただ、熱意の表し方には要注意。自分では「熱意」を込めたつもりでも、相手からすると「しつこい」「うざい」と思われることがあるからです。

あなたの気持ちを受け入れてもらうために、正しく熱意を伝えるにはどうしたらいいのか詳しく検証していきます。

 復縁がうまく進展しない方へ 
2022年10月復縁可能性無料で鑑定できます

復縁専門占い師白兎(ハクト)先生
LINEで簡単無料鑑定

復縁のために見せるべき熱意って?

復縁したいのであれば、素直に「あなたが好き」という気持ちを示すための熱意は絶対に必要です。

変に強がって「別に、あなたが復縁したいならしてもいいけど、まあどっちでもいいけど」という態度では、よほど元彼があなたを追っている状態でないとうまくいくことはありません。

ただ、反対に「絶対に復縁したい!」という熱い気持ちを押し付けるのも間違い。元彼の気持ちを全然考えていないひとりよがりの気持ちの押し売りになってしまいます。

「どうしてもあなたと復縁したい!」というゴリ押しの気持ちは「熱意」ではありません。

復縁したい相手に見せるべき熱意というのは、もっと深くて大きな「愛している」という気持ちなんです。

「復縁したい」を押し出しすぎると失敗する

復縁したいという気持ちがあるのは自然なことですが、あなたの熱意がそこにばかり集中してしまうと復縁はうまくいかない可能性が高いです。

あなたの中で一度きちんと気持ちを消化してから、元彼にその気持ちを伝えるようにしてください。

気持ちを押し付けない

いくら復縁に対する熱意が強いとしても、その気持ちを押し付けるのは絶対にNGです。

まず、「復縁したい」という一方的なあなたの願いにいくら熱意を注ぎ込んでもうまくいかないと思ってください。

復縁するかしないかは、あなたの気持ちだけで決まるものではありません。そこにどれだけ熱意をこめても、元彼の立場から見ると単なる押し付けにしか感じられないのです。

あなたが伝えるべきなのは、元彼を本当に愛しているという純粋な気持ち。その気持ちを受け入れるかどうかは元彼自身が決めることです。

熱意とは押し付けることではありません。無意識のうちに気持ちを押し付けないように注意してください。

しつこくしない

また、ありがちなのが「熱意」と「しつこさ」の線引きが分からなくなってしまうこと

熱意とはあなたの気持ちの強さを表すものであって、けっして「どんな返事をされても諦めない」ことを意味するものではありません。

「元彼に気持ちが伝わらないのは、私の熱意が足りないからかも!」と思い込んで、断られてもしつこく復縁をせまったりするのは絶対にやめましょう。

重くならない

熱意が「重い」と捉えられてしまうこともよくあるので注意が必要。

自分ではそんなつもりはなくても、「私の気持ちを分かってほしい」という想いが強くなりすぎると言葉や表現が重くなってしまうのです。

できるだけ重くならない言葉や表現を選んで、元彼に純粋な気持ちを伝えるようにしてみてください。

元彼をコントロールしようとしない

熱意がエスカレートすると、元彼の気持ちまでコントロールしたいと思ってしまいます。

自分の熱意を最優先にして、元彼の気持ちを尊重できなくなってしまうんです。

元彼の気持ちを自分の都合のいいようにコントロールしたがるのを、自分の熱意と勘違いしないこと。

あなたの純粋な熱意は大事ですが、それと同じくらいに元彼本人の気持ちを最大限に尊重することを徹底してください。

復縁したい元彼に上手に熱意を伝える方法は?

一番のポイントは、熱意を伝える部分を間違えないこと。

「復縁したいという熱意」ではなく、「彼のことを愛しているという熱意」を伝えるのです。

復縁したいというのは、あなたの「願望」です。願望というのはあくまでも「あなたがしたいこと」なので、そこに熱意を込めれば込めるほど一方的な押し付けと思われやすいんです。

熱意を込めて伝えるべきなのは、あなたが彼を愛しているということ。これは願望ではなく、事実でありあなたの純粋な気持ちですよね。

純粋な「愛している」という気持ちを真剣に伝えることで、元彼の心にその熱意をしっかり届けることができるのです。

そのうえで、具体的にどんな方法であなたの気持ちを熱意をもって伝えたらいいのか説明していきます。

真剣にシンプルに伝えることが大事

「彼を愛している」という気持ちに込めた熱意を分かってほしいなら、真剣にシンプルに伝えることが大事です。

熱意というのは、熱く語ることでもなければ、しつこく何度も繰り返すことでもありません。あの手この手で彼を説得することでもありません。

飾らずに、駆け引きなしで、自分が思っている本音の気持ちだけを真剣に伝えてみてください。

あなたの気持ちの「中心」となることだけをシンプルにズバっと伝える方が、あれこれ語るよりもずっと元彼の心には熱意として伝わりやすいのです。

熱意だけでなく誠意をもって伝える

そして、熱意だけでなく「誠意」を意識するようにしましょう。「自分はちゃんと誠意をもって話せるかな?」と意識するだけで、元彼があなたから受ける印象は大きく変わります。

  • 熱意→自分の気持ち
  • 誠意→相手を思いやる気持ち

この両方のバランスが大事。誠意があるからこそ、元彼の心にあなたの熱意がより伝わりやすくなるんです。

復縁したいという熱意はどう受け取られる?

元彼のタイプや今の状況によっても、あなたの「今でも愛してる」という熱意の受け取り方は違います。

元彼が情に厚いタイプ

元彼が情に厚いタイプの場合は、熱意80%以上で示していくのがいいでしょう。

ただ、この場合でもあなたの気持ちを押し付けるだけではダメなので、独りよがりの告白にならずに元彼のことを最大限に尊重している気持ちを表すのです。

あなたが自分のことを尊重してくれていて、さらに情熱を持って好きと言ってくれているというのが元彼に伝われば、気持ちはかなり揺れ動くはずです。

元彼が冷静なタイプ

冷静な彼だからこそ、熱意が伝わると心が動きやすいとも言えます。

ただ、あまりにもあなたの気持ちだけが先走ってしまうと、元彼はどんどん冷めてしまいますのでバランスが大事。

冷静な彼に対してはあなたも冷静になって淡々と気持ちを伝えながら、ここぞというポイントだけは「抑えきれない熱い気持ち」として表現してみるというメリハリが有効です。

元彼が慎重で臆病なタイプ

元彼の性格が慎重だったり臆病だったりすると、あなたが熱意ばかりで押しすぎることで逆に引かれてしまう可能性が高いです。

このタイプの男性には、熱意と誠意は半分半分で示していくのがいいでしょう。

「今でも愛している」という気持ちを真剣にシンプルに伝えたあとは、はっきり「あなたの気持ちを尊重する」と伝えるようにしてください。

あなたの熱意で押し切られてしまうことを恐れている可能性があるので、「自分はゴリ押ししない、あなたの判断にゆだねて気持ちを尊重する」という姿勢を見せることで少しでも安心感を与えるのが大事です。

復縁するには熱意と誠意の両方を示すことが必要!

復縁をするためには、あなたの熱意は絶対的に必要です。熱意がちょうどいいバランスで元彼に伝われば、元彼の気持ちも揺れ動きます。

それだけ、人の想いは強いのです。

ただし、熱意だけで感情に突き動かされるのではなく、元彼に対して誠意をもって接することも重要。この2つがバランスよく彼に伝わることで、心が動かされるからです。

熱意だけで動いてしまうと自分の気持ちの押し売りになりがち。熱い想いと同時に、元彼を最大に尊重するということを常に意識して行動してみてください。

「復縁がうまく進展しない...」と悩んでいませんか?

元彼と復縁できる可能性や、あなたに合った復縁方法を知りたいなら
復縁専門占い師♡白兎(ハクト)先生
無料鑑定を受けてみてください。
2022年10月の復縁可能性は?

★LINE友だち追加ページが開きます★

コメント

タイトルとURLをコピーしました