復縁したいなら自分から連絡しない方がいい!その理由&効果と連絡せずに復縁を成功させる方法は?

復縁

別れたあとに、元彼にまだ未練があって復縁したいと思っているときほど、元彼に連絡をしたくなってしまいますよね。

元彼とのつながりが切れてしまったら、もう二度と戻れないんじゃないか…

また声が聴きたい

そんな気持ちになってしまって、どうしても連絡したくて我慢ができなくなることもあると思います。

でも、本当に復縁したいと思っているなら実はあなたの方から連絡を入れるのは逆効果なんです。

自分から連絡しない方が復縁の可能性が高くなる!

復縁したいという気持ちが強いなら、あなたの方からちょこちょこと元彼に連絡を入れるのは絶対にやめましょう。

別れた直後に最後に自分の気持ちを伝えるのはOKですが、そのあとも事あるごとに元彼の様子をうかがってみたり、ダラダラとどうでもいい話題で連絡を取り続けたり、さらには別れて時間が経っていないのに「よりを戻したい、どうかまた会ってほしい」など追いすがるような連絡をするというのはNG。

このような連絡をすることで復縁の可能性は下がってしまいます。

連絡を我慢するのもつらいと思うかもしれませんが、復縁の可能性を高めるためにも一度完全に連絡を絶つ勇気を持ちましょう。

自分から連絡しない方が復縁しやすくなる理由は?

連絡を絶ってしまうと、元彼とのつながりがなくなって忘れられてしまうんじゃないかと不安になる人もいると思います。

でも実は正反対。ダラダラと連絡を続けるよりも、一度一切の連絡を断ち切ることで、彼の関心が最終的にあなたに向きやすくなるのです。

別れたあとは、元彼にとって気持ちの切り替えが必要な時間です。

気持ちの切り替えができない状態だと、あなたに対して別れた当時のネガティブな印象が残ったままになってしまいます。

この状態であなたから連絡をしても、元彼からすると「別れたのに面倒」「しつこい」などと印象がさらに悪くなっていき復縁自体難しくなってしまうのです。

これを避けるためにも、彼に十分な切り替えの期間を与えるのです。そのための冷却期間としてあなたの方から連絡を一切しないということが有効なのです。

自分から連絡しないことでどんな効果がある?

あなたの方から連絡をしないことで、彼はどんな気持ちになるのでしょうか。

・あなたとの別れの悪いイメージがなくなる

・あなたがもういないという喪失感を感じるようになる

・あなたがどうしているか気になり始める

・あなたに連絡を取りたくなる

このように、冷却期間をもうけて連絡を断っているとだんだんと彼の気持ちも変化していきます。

あなたへの悪い印象は時間とともに薄れていき、逆に楽しく付き合っていたときのよい印象が強くなることもあります。

そして、あなたから連絡がまったくなくなることで、元彼はある種の「喪失感」を味わうことになります。元彼は「本当に別れてしまったんだな…」と実感するので、気持ちのどこかにあなたがいない寂しさを感じるようになります。

別れたのに連絡をずっとしていると、この喪失感や寂しさに元彼は気づきません。寂しいと思わないのに、また付き合いたいとは思わないので、元彼に喪失感を強く感じさせることは復縁には実はすごく重要なポイントなんです。

そして、その喪失感で気持ちがそわそわしてくると、それが「俺はまだ〇〇のことが好きなのかも」と思うようになります。

そうなると、別れ際にはどんなに拒絶していた彼でも今度はあなたのことが気になって仕方がなくなります。どうしているんだろう?新しい彼氏はもういるのかな?など、あなたがどうしているのか気になって、自分のところへ戻ってきてほしい気持ちも出てきます。

それでもあなたから連絡がこない状態が続くと、元彼のその気持ちがどんどん膨れ上がって、元彼の方からあなたに連絡をしたくて我慢ができなくなってきます。

最初はあなたが連絡したくて我慢できずにいたのに、いつの間にか立場が逆転するんですね。

彼の方からあなたへ連絡が来たら、もう復縁はほぼ成功したと思っていいでしょう。

彼から連絡が来たら、落ち着いて、やさしく、彼の話を聞いてみてください。

彼もいきなり「復縁したい」とストレートには言ってこないかもしれませんが、彼の中であなたへの気持ちがすでに変化しているはずなので、時間が多少かかっても二人の方向は復縁へと自然と進んでいきます。

冷却期間を置くことが復縁への第一歩!

復縁で冷却期間が大事と言われるのはよく知られていますが、それはあなたの気持ちを冷静にするだけでなく、元彼にとっても気持ちを整理するのに必要な時間なんです。さらに、あなたがいないことの喪失感を感じさせるという理由で、あなたにとっても彼を自分に向かせるためにすごく重要な時間と考えてください。

ずっと連絡しちゃダメ?期間を開ければOK?

もちろん、彼の性格的に「連絡したいと思っても、自分からは負けを認めたくなくて絶対に連絡できないタイプ」という場合もあると思います。

そんな場合は、数か月の冷却期間をおいたあとに、あなたの方から自然な形で連絡してみるのもアリです。

ただ、別れた直後から数か月は完全に連絡をしないようにしてください。

彼があなたがいないことの喪失感を十分に感じて、あなたが気になって仕方がなくなってきたタイミングであなたから連絡が入れば、喜んで飛びついてくるでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました