元彼を食事に誘ったら断られた…!ピンチを復縁チャンスに変える方法

復縁

復縁したい元彼を思い切って食事に誘ったのに、その答えは「ノー」!

勇気を出して誘ったのに断られると落ち込んでしまうのは当然です。ただ、断られたからすべて終わりというわけではありません。

元彼があなたからの誘いを断る心理や理由を理解すれば、断られたあとの対応次第でいくらでも挽回できるんです。

元彼の心理を詳しく読み解いて、ピンチを復縁のチャンスに変える方法について説明していきます。

 復縁がうまく進展しない方へ 
2022年5月復縁可能性無料で鑑定できます

復縁専門占い師白兎(ハクト)先生
LINEで簡単無料鑑定

別れてすぐに焦って食事に誘うと断られる可能性大

大前提として、別れてすぐに食事に誘ってもほぼ100%断られるということは覚えておいてください。

元彼の心理を読み解く必要すらありません。

『別れてすぐに、別れた相手と食事になんて行きたくない』

これが本音ですし、こう感じるのは当たり前のことなんです。

もし別れてすぐに焦りから食事に誘ってしまったのなら、断られるのは「当然のこと」なので、あまり深刻にとらえる必要はありません。

もし今そのタイミングでこの記事を読んでいるなら、しばらくは元彼に連絡するのを一切やめて距離を置くようにしてください。今は食事に誘ったり復縁のアプローチをするときではなく、冷却期間を十分にとるべきなのです。

冷却期間をとったあとでも食事の誘いを断る元彼の心理

別れたあとはお互いが冷静になって気持ちをフラットにするために冷却期間が絶対必要。

ただ、冷却期間を十分にとったあとで元彼を食事に誘ったのに断られる場合には、まだ元彼の心にあなたを受け入れられない何かがあるということ。

どんな理由&心理であなたの誘いを断るのかを考えてみましょう。

元彼がまだ警戒している

冷却期間をおいたあとでも元彼がまだあなたのことを警戒している可能性があります。

「食事に行って復縁を迫られたらイヤだな」と思っているということ。あなたの言動から未練が残っていることを察知して、警戒しているんです。

この状態では、何度食事に誘っても断られてしまいます。それどころか、警戒心がどんどん大きくなって、連絡すら取ってくれなくなることもあるでしょう。

元彼の方は、まだ一歩先に進もうという気持ちになっていないということです。

元彼から警戒されてるんじゃないかと感じたら、いったん引いてください。あなたと元彼の距離が十分に縮まっていなかったということなんです。

しばらくは連絡を控えたり、LINEで丁寧にやり取りをして少しずつ距離を縮めていくことに専念した方がいいでしょう。

元彼はダラダラした関係を続けたくないと思っている

あなたに対しての警戒心は消えていても、付き合っていないのに食事に行くのはケジメがつかないと思っている可能性もあります。

ダラダラとした関係を続けたくないと思っているのです。

こういう心理が働く理由としては、

  • 単純にダラダラと会い続けること自体がイヤだから
  • あなたとの距離を一定以上は縮めたくないから

この2つが考えられます。

性格的に、元カノとダラダラ会い続けること自体がイヤという男性もいます。きっちりした性格の元彼ならこのケースという可能性が高いでしょう。

また、あなたと一定以上の距離は置きたいと思っていて、LINEでのやり取りくらいなら全然OKだけど一緒に食事に行くような仲にはなりたくないと考えている可能性もあります。

どちらの場合も、今は関係を完全に終わらせてリセットすべき。会わない・連絡をしない冷却期間をもう一度長めに取って、いったん完全にリセットできれば気持ちが切り替わります

本当に予定が合わなかった

意外とあり得るのが、本当にただ予定が合わなかっただけというパターン

あなたが意識しすぎていると「やっぱり嫌われてるんだ…」と撃沈した気分になってしまいますが、本当にもともと予定が入っていて断ってきたということも考えられます

ただ、見極めは慎重しないといけません。

もし本当に予定が合わないだけなら、元彼の方から「別の日はどう?」「再来週なら行けるけど」などと言ってくるはず。元彼の提案を待ってみましょう。

逆にもし元彼から別の日程の提案がないなら、今はあなたと食事に行く気がないと考えてください。

復縁したい元彼に食事の誘いを断られたときの対処法

復縁したい元彼を食事に誘って断られると、気持ちは落ち込んでしまうはず。でもそこで慌てずに、適切な対処をすれば必ず次へとつながります。

上で説明した「元彼が断るときの心理」から共通して分かるのは、

今は一緒に食事に行くべきではない

と元彼が思っているということ。

つまり、時間をおくことこそが一番有効な対処法なんです。

断られたらあっさり引き下がる

元彼に食事の誘いを断られたら、理由に関係なくいったん引き下がってください。

  • 断った理由を聞き出そうとする
  • 何度もしつこく誘う
  • 「どうせ私なんかと食事行きたくないよね…」と拗ねてみる

断られて焦ってしまうとこういう行動に出てしまいがちですが、どれも絶対にNG。元彼に悪い印象を与えてしまうことになって、せっかくフラットに戻っていた関係が一瞬で崩れ去ってしまう危険性もあります。

一度誘って断られたら、「急に言われても忙しいよねー、じゃあいつかタイミング合えば!」という軽いかんじですぐに引き下がってみてください。

また、元彼に「ああ、断わって悪いことをしちゃったな…」という罪悪感を持たせないようにするのも実はすごく大事

断わられたあなたからすれば「少しくらい罪悪感持ってほしいんだけど!」と思うかもしれません。でも、元彼にとっても罪悪感は心地悪いものです。罪悪感を感じて「もう誘われないように距離を置こう」と思われてしまったら、チャンスすらなくなってしまいます

「誘う」「誘わない」「断わる」「断わらない」ということが大した問題ではないという雰囲気を出すのがポイント。次に誘ったときに、元彼が気軽に受けられる空気感を作っておきましょう。

焦らずに時間をおく

食事の誘いを断られたら、しばらくはあなたから誘わないようにしましょう。

一番有効な対処法は「時間をあけること」です。

本当に予定があって断られた場合を除いては、元彼はあなたとの距離感に戸惑っている可能性があります。一緒に食事に行ってもいいと思えるくらいに距離を縮められていないということ。警戒心が残っていたり、関係を続けることに疑問を持っているんです。

元彼はまだ、あなたの誘いを受け入れる準備ができていないんですね。

元彼の気持ちが切り替わるためには、時間が必要です。それまでは少し距離をおいて、連絡も軽めにしたり回数も減らすなどしてみてください。

時間をあけてもう一度食事に誘ってみる

一度断られてから少なくとも数か月くらいは二度目のお誘いはしない方がいいでしょう。

その間は元彼とは少し距離をおきながら、たまに軽いやり取りを続けるようにしてみてください。あらためて食事に誘うタイミングは、元彼の警戒がとけてきたなと感じたとき

あなたから一度食事に誘われたことで、元彼は「また誘ってくるだろうな」という予測をしているはずです。

そこであえて彼の予測を裏切るように、しばらくは誘わずにいるのがポイント。

何か月たってもあなたから2度目のお誘いがかからないと、警戒していた元彼も「あれ?もしかしてもう俺と食事に行く気がなくなっちゃったのかな?」と思うようになります。これが彼の警戒心を解くきっかけにもなるんです

このタイミングで2回目のお誘いをできれば、高確率で元彼は「イエス」と言うでしょう。逆に、元彼の方から食事に行かないかと誘われる可能性もあります。

断わられたピンチをチャンスに変える

元彼を食事に誘って断わられたら、そのピンチをチャンスに変えましょう。

  1. あなたが食事に誘う
  2. 元彼が断る
  3. あっさり引く
  4. (元彼は「また誘われるんじゃないか」と少し警戒する)
  5. 数か月は誘わずに距離をおき、そのあと軽めのやり取りだけ続ける
  6. (「また誘ってくる」という予測が外れて、「もう誘ってこないのかな?」と逆に気になりだす)
  7. 満を持してもう一度誘ってみる or 元彼から誘ってくる
  8. お互いに楽な気持ちで食事に!

このようなステップを意識してみてください。

断わられても焦ってしつこくしなければ、チャンスはすぐにまたやってきます。元彼の心理も理解しながらじっくりと時間をかければ、二度目に誘ったときの成功率は確実にアップします。

「復縁がうまく進展しない...」と悩んでいませんか?

元彼と復縁できる可能性や、あなたに合った復縁方法を知りたいなら
復縁専門占い師♡白兎(ハクト)先生
無料鑑定を受けてみてください。
2022年5月の復縁可能性は?

★LINE友だち追加ページが開きます★

コメント

タイトルとURLをコピーしました