外国人の元彼と復縁はできる?国際恋愛での復縁成功率をアップさせるためのポイント

国際恋愛に憧れて外国人の彼氏ができたのに、気持ちのすれ違いが多くて別れてしまった…

日本人同士の恋愛でも復縁は難しいのに、外国人との国際恋愛で復縁なんてできるのかな??と不安になる人もいるかもしれません。

復縁をするという意味では、実は難易度は同じ。

ただ、相手が外国人であること、国際恋愛という遠距離であることを考えて、復縁するためのアプローチを考えていく必要がある

 

外国人の元彼はあなたとの復縁をどう考えている?

外国人の元彼にとって、復縁という選択肢はあるのでしょうか。

もちろん、一度別れた相手と再び付き合うことは、日本だけでなく全世界どこでもあります。

ただ、外国人の彼が、あなたとの国際恋愛をどうとらえていたのかをまず冷静に振り返ってみる必要があります。

・同じ国の女性にはない魅力をあなたに感じていた

・あなたをひとりの人間として尊敬していた

・言葉や文化の壁を越えて理解しあえていると感じていた

このようなよい印象が強かったのか、それとも、

・同じ国の女性にはない欠点をあなたに感じていた

・海外との遠距離恋愛は無理だと感じていた

・言葉の壁があってコミュニケーションが取りづらいと感じていた

このように、国際恋愛のネガティブな面を感じてしまったのか、それによって復縁の可能性は変わってきます。

国際恋愛の経験が豊富な男性だった場合には、遠距離という問題や言葉や文化の壁という問題は少ないはず。

その一方で、国際恋愛が初めてという男性だった場合には、もしかしたらあなたという個人のことよりも、国際恋愛そのものに疲れてしまっている可能性があります。

その場合は、復縁自体が難しくなってしまうかもしれません。

外国人の元彼との復縁は難しい?

元彼が外国人だから復縁の難易度が高くなるというわけではありません。

ただ、上にも書いたように別れた理由によって復縁の難しさは変わってきます。

外国人との復縁を考えるときには別れた原因をしっかり見つめ直す

別れたときにきちんと彼から理由が聞けているか、そしてもしその理由が「国際恋愛自体が無理だから」ということであれば、遠距離で国際恋愛を復活させるというのは難しいでしょう。

その場合は、たとえばあなたが彼の国に行くとか、彼の国の言葉を今以上に習得してコミュニケーションを取れるようにするなど、一段上の覚悟が必要になってきます。

反対に、遠距離や言葉・文化の違いが原因ではなく、日本人同士のように「心のすれ違い」「マンネリ」など個人的な部分が原因で別れた場合は、修復のハードルは特別高いということはないでしょう。

この場合には、別れた原因として自分に悪かった点はないかを考えて、それを改善するために何をすればいいのか具体的に考えておくのが大事です。

外国人の元彼と国際恋愛で復縁するには冷却期間は必要?

外国人の元彼と復縁するためには、冷却期間は必要です。

別れた直後はお互いにいろんな感情が渦巻いている状態なので、冷静な判断ができなくなっています。

そして、別れのインパクトが大きければ大きいほど、心にダメージもありますし、相手に対してのネガティブな面ばかり見えてしまいます。

なので、冷却期間として1か月以上は連絡を取らないようにするのがいいでしょう。

ただ、相手が遠い外国に住んでいる場合、あまりに長い間連絡を取らないのもおすすめはできません。

別れ方にもよりますが、1か月~半年くらいの適度な期間をおいて、その間に別れの原因となった自分の欠点を直す努力をしたり、語学や国際感覚を磨いたり、関係を修復するためにできることをやりましょう。

外国人の元彼と国際恋愛で復縁する方法は?

冷却期間を置いたら、復縁に向けて行動をしていきましょう。

ストレートに気持ちを伝える

外国人の元彼には、気持ちをストレートに伝えましょう。日本人同士の恋愛と違って、雰囲気で察してほしいという曖昧な態度では、相手にあなたの気持ちは伝わりません。

そして、結論の部分「また付き合ってほしい」ということもはっきり言うようにしましょう。

ここが曖昧だと、ただの友達としてダラダラとした関係になってしまう可能性もあります。

仮にあなたが振られて別れたとしても、あなたは卑屈になる必要はありません。

私はまだあなたが好き、悪い部分は直して変わった、だから付き合ってほしい

これをはっきりと自分の意思として伝えるようにしましょう。

自分がどれだけ変わったかを知ってもらう

別れた原因を見つめたときに、自分に悪い部分があったと少しでも感じるのであれば、そこをすぐに直して「変わった自分」を知ってもらうことも大事です。

以前とまったく変わらずに、相手があなたに対して持っていた不満が解消されないとなると、元彼も復縁しようという気持ちにはなりません。

あなた自身が、「自分はこれだけ変わった」という自己アピールをすることが大事です。

相手のことを思いやって尊重する

外国人との復縁では、自分の気持ちや、自分が変わったことをどれだけアピールできるかはとても大事ですが、その一方で相手を思いやって尊重するというのもそれ以上に重要です。

外国人が日本人に好感を持つときの理由のひとつに、「思いやり」が挙げられます。

外国人の女性と比べて、相手を思いやるやさしさにあふれているという点は、日本人の性格的な魅力でもあるのです。

日本人としてせっかくそのアドバンテージがあるのですから、思いやりややさしさは絶対に捨ててはいけません。

はっきりと自分の考えを伝えることと、相手を思いやって尊重することは両立するのです。

最初はこのバランスが難しいと感じるかもしれませんが、これがすんなりできるようになるとあなたの大きな長所になるので、復縁後にも彼にずっと愛される関係を続けやすくなります。

外国人の元彼との復縁で気を付けること

外国人の元彼と復縁するときには、日本人の男性以上に気を付けないといけない点があります。

価値観の違い

外国人の男性との間には、絶対的に価値観の違いが存在することを覚えておきましょう。

生まれ育った場所や環境がまったく違うわけなので、価値観の違いは避けられません。

価値観が異なることをお互いに認めたうえで、相手の価値観を尊重して自分の意思を伝えるということをしていかないと、国際恋愛はうまく行きません。

自分の考えや価値観だけを押し付けるのではなく、また相手の価値観だけを受け入れるのではなく、お互いに一人の人間としていい部分を伸ばして悪い部分を改善していくという気持ちでいることが大切です。

復縁するにあたっても、価値観の違いが復縁のハードルになることがあるかもしれません。

そのときに、この価値観の違いは乗り越えられるものなのかどうか、しっかりと考えて元彼と向き合うようにしましょう。

言葉の壁(コミュニケーションの壁)

外国人との復縁では、言葉の壁も存在します。

母国語が異なる同士では、どうしても言葉の壁があることは理解したうえで、日本人同士以上に丁寧なコミュニケーションをとることを心がけることが大事です。

国際恋愛では、別れの原因としてコミュニケーションの不足をあげるカップルは多いです。それだけ、母国語以外での密なコミュニケーションは難しいということですね。

冷却期間の間に自分の語学力を磨いたり、表現力や表現の文化的な背景などを学んでおくというのも大事です。

復縁したあとにもコミュニケーションが問題にならないように、しっかりと言葉の壁を乗り越えられる語学力や関係性をつかんでおくようにしてください。

会えない時間をどう過ごすか

外国人との遠距離恋愛は、たとえ復縁に成功したとしても会えない時間をどう過ごすのかというのは大きな問題になります。

実際に頻繁に顔を合わせることが難しいですが、今はLINEなどを使ってビデオ通話も簡単にできますので、できるだけ時間を合わせてこうしたコミュニケーションをとるようにしましょう。

相手に対してより素直になる

国際恋愛で外国人の元彼と復縁したい場合には、元彼に対して意識的に「素直」になるようにしてみてください。

日本人特有の控え目な部分は、復縁というハードルを前にするとデメリットにもなるからです。

自分の気持ちを素直に伝えるという努力をしてみてください。

将来的にどういう関係になりたいかを話しておく

外国に住む外国人の彼氏と復縁したいなら、将来的にどういう関係になりたいのかをしっかり伝えておくことも大事です。

将来的には結婚して一緒にどちらかの国で暮らしたいと思っているのか、とりあえず年に何度か行き来する仲で楽しめればいいと考えているのかなど

特に、復縁するなら結婚や一緒に暮らすことも踏まえて関係を考えていった方がいいでしょう。

一度目のお付き合いならノリや勢いでもいいと思いますが、復縁となるとお互いに相手とどういう関係を続けていくのかをしっかり見据えておかないと、またすぐに別れる原因にもなってしまいます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました